巖ちゃんの日々是将棋

6月16日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」です。最初に、本日、棋聖戦第2局が石川県能美市で開催されている話をしました。羽生棋聖1勝のあと豊島七段が巻き返すか、見どころ満載です。
大盤講座は、先手・孫井2級VS後手・高田6級の対戦を阪田進さんと小野で解説。序盤は、先手が石田流に飛車を振り、美濃に玉を囲ったのに対し、後手は矢倉模様の居飛車から角交換。中盤に入り、後手の放した筋違い角を「うっかり」し、銀損となる。その後、後手は懸命に手を作るが、先手に受けられ、終盤ではさらに駒損が大きくなり、先手が駒得を活かして押し切った将棋でした。致命的なミスが勝敗を左右した内容でした。詰将棋は3手詰め・5手詰めを出題。
初めての将棋教室は10回目。「成」と「不成」の復習・遊び駒とは?の解説です。向学心旺盛な受講生にに対し、教える側も熱が入りました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2688-c5210002