巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0147.jpg
DSCF0150.jpg
DSCF0159.jpg
6月7日(日)前9時より17時まで、東部文化会館において、日本将棋連盟・京都山科支部第17回将棋交流大会を開催しました。参加人数は55名。最初に、今回は故平手脩副支部長追悼将棋交流大会として開催することを支部会員の方々にお話しました。次に本日お越しいただいた、山崎隆之八段、中尾修七段、北村桂香女流1級の紹介。先生方に一言ずつご挨拶を頂きました。その後、恒例のプロ棋士を囲んでの記念写真を撮りました。
DSCF0166.jpg
DSCF0153.jpg
DSCF0167.jpg
DSCF0174.jpg
いよいよチェスクロックを使用した上手に厳しい手合いでの本格的な駒落ちによる将棋交流大会がスタート。ルール説明は折立冨美男副支部長です。対局は、上手に厳しい駒割り規定によるハンデ戦で、4枚落ちまでとする。持ち時間は、各25分(チェスクロック使用)切れ負けとする。その他のルールは、原則として、日本将棋連盟採用のルールを適用。その他問題が生じた時は、すべて運営役員の判定に従うこと。A級(五段~1級)とB級(1級~14級)に分かれて午前中は、4人一組の2勝通過、2敗失格の予選リーグ戦です。午後からの決勝トーナメント戦はA級、B級ともに4回勝ち抜くと優勝です。
将棋交流大会と並行して、山崎八段、中尾七段、北村女流1級には指導対局をお願いしました。予選リーグ敗退者を優先して3~5面指しで合わせて40名の支部会員が指導を受けました。局後にはワンポイントアドバイスを頂きました。長時間のご指導、ありがとうございました。おつかれさまでした。
DSCF0173.jpg
DSCF0184.jpg
DSCF0186.jpg
DSCF0190.jpg
DSCF0193.jpg
DSCF0195.jpg
一方、将棋交流大会では、予選リーグ戦からB級で持将棋があり、チェスクロックを使いました。決勝トーナメント戦では、大熱戦を展開。若手の活躍が顕著で内容の濃い将棋が多くあり、見ごたえがありました。
<将棋交流大会の結果>
A級優勝・村田祈星四段(高1)…連続優勝
 準優勝・山口敬史1級(中2)
  3位・逸見尚史四段
  3位・武田唯文初段(中1)
B級優勝・岩﨑柊典2級 (中1)
 準優勝・武田明夜3級(小6)
  3位・野村真衣2級(高3)
  3位・天野紀一3級
将棋大会終了後、17 時過ぎからは「和食のサト」で支部有志14名と山崎隆之八段、中尾修七段、北村桂香女流1級、大将軍支部の廣田支部長も参加頂き、故平手脩副支部長を偲んでの懇親会を開催しました。
折立副支部長の発声により、乾いた喉を潤しました。和やかに歓談のあと、一息ついたところで、阪田進幹事長の進行で、平手さんを偲んでのスピーチを順番にお願いしました。平手さんの人望が厚かったことを再認識しました。最後に全員で記念写真を撮り終了。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。おつかれさまでした。
<追伸>
将棋交流大会の午後になってから、参加賞を会場に持ってきてないことに気がつき、慌てて取りに戻りました。もらわれてない方は、お申し出ください。申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2678-de0d5bbe