巖ちゃんの日々是将棋

6月2日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」です。今回も京都山科支部幹事長の阪田進さんに応援をお願いしました。
大盤講座は、先手・廣田1級VS後手・脇田初段の対戦を小野と阪田で解説。序盤は、先手が四間飛車から美濃囲い、後手は居飛車、舟囲いで対峙。後手が棒銀から仕掛けて角交換になる。中盤に入り、形勢が二転三転四転と入れ替わり、終盤でも二転三転した目まぐるしい将棋で、最後は後手が溢れんばかりの持ち駒で駒得を拡大、先手の攻めを受け切り勝利した。今回の将棋は、お互いに何回もチャンスが巡って来ていたが、決め手が出ずに2~3局分の将棋を指した長手数の内容で時間が無くなり、大盤講座終了後の詰将棋出題は次回の持ち越しとしました。
初めての将棋教室は8回目。「数の攻め」「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」の解説です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2674-db2e0b17