巖ちゃんの日々是将棋

5月12日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」です。今回も京都山科支部幹事長の阪田進さんに応援をお願いしました。
大盤講座は、第73期名人戦(羽生善治名人VS行方尚史八段)第3局の棋譜を並べて鑑賞しました。将棋の内容は、角換わり腰掛銀の戦形で、香得の先手・行方八段が優勢かと思っていましたが、後手・羽生名人の勝負手「5八馬」に対し先手が「6八金打」と受けに回ったため、形勢が分からなくなった。終盤は難解な局面でしたが、最後は後手の鮮やかな寄せが決まった将棋でした。これで羽生名人の2勝1敗。
次に詰将棋(3・5手詰め問題)を3問出題。初めての将棋教室は5回目。「簡単な3手詰め、1手詰めの理解」の復習と「禁じ手」「対局マナー」について解説する。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2655-1994897e