巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9855.jpg
DSCF9859.jpg
5月8日(金)は島根県松江市「松江歴史館」で開催されている、第73期名人戦(羽生善治名人VS行方尚史八段)第3局2日目の全国一斉大盤解説会です。京都地区は四条御前の「ラボール京都」において、プロ棋士・平藤眞吾七段による大盤解説会および指導対局を実施しました。31名(支部会員21名・一般10名)の方が参加。
DSCF9864.jpg
DSCF9871.jpg
本日のスケジュール(予定)は、
13時30分~15時・・・大盤解説(第1回)
15時~17時・・・指導対局(当日受付・申し込み多数の場合は抽選)
17時~18時・・・・・大盤解説(第2回)
18時~18時30分・・・・・・夕食休憩
18時30分~終局まで・・・・・大盤解説(第3回)。
大盤解説会(平藤眞吾七段、聞き手・小野)では、将棋連盟より次の一手問題の賞品として、羽生の法則「玉桂香の手筋」5冊の提供があり、加えて平藤七段のご好意により署名色紙3枚と将棋書籍6冊を提供して頂きました。要所で「次の一手」を3回実施して、みなさんに考えて頂き、正解者(多数の時は抽選)には、賞品を贈呈しました。
平藤七段には直近の棋譜情報での大盤解説をして頂いた後、指導対局をお願いしました。次の棋譜情報が来た時点で、指導対局を指しかけにして、大盤解説をして頂く方式としました。8名の方が指導対局を受け、局後には丁寧なアドバイスを頂き満足の様子でした。
DSCF9875.jpg
DSCF9877.jpg
将棋の内容は、角換わり腰掛銀の戦形です。2日目は先手・行方八段の封じ手「5八金」の開封からスタート。先手が優勢かと思っていましたが、「6八金打」「7六歩」から形勢が分からなくなった難解な将棋でしたが、最後は後手の鮮やかな寄せが決まった将棋でした。21時前に大盤解説会を無事終了。平藤七段、役員のみなさま、おつかれさまでした。ありがとうございました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2651-9084e0b6