巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8675.jpg
3月23日(月)午前中は、許建東さんを京都駅「はるか」乗り場までお見送る。27日には上海浦東空港で出迎えていただくことになります。15時30分からは大宅こども将棋教室後期15回目の開講最終日。今日は、平成27年度前期こども将棋教室より講師をお願いした、京都山科支部・幹事の折立冨美男将棋指導員に体験をしていただきました。大盤講座は、平手戦の序盤を質問形式で指し手を進めていきました。一局の将棋を大切に考え、特に、一番大切な玉を美濃囲いか矢倉囲いに囲う事を強調しました。
大盤講座終了後は、小野は4面指し、折立指導員にも4面指し駒落ち指導をお願いしました。あとの受講者は、福山先生・鯉島先生に見ていただき、全体の目配りをお願いしました。
教室終了後は、講師4名の懇親会、反省会を行う。今期の教室で徹底を欠いていたことを反省し、来期スタートの5月11日からの指導方針を話し合う。基本的な「礼儀」「対局マナー」を重視し、駒の仕舞い方を「初形に戻し、確認後駒箱に仕舞う」方法を徹底する。将棋ドリル問題で回りくどいところがあり、分かりにくい。新1年生および初心者のクラスと継続クラスの2つにクラス分けを行う。指導対局は全員が順番に受けるようにする。など講師の役割分担を明確にしてマナー向上、棋力向上を図っていきたい。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2616-ac4f9209