FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

2月24日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」です。大盤解説は、先手・野間6級vs後手・竹田3級の対戦を平手五段が解説、聞き手は小野。序盤は、後手が四間飛車から美濃に王を囲ったのに対し、先手は矢倉中飛車模様から玉を囲いに入れず仕掛ける。中盤に入り銀桂交換後、先手に唯一のチャンスが巡ってきたが、「6三銀」と持ち駒を打った手が手順前後の大悪手。「6六桂」から攻めれば優勢だった。その後、先手の銀がただで取られる展開となり、切れ筋模様となる。終盤では、さらに銀損を重ね、やむなく先手が投了。玉形の差と手順前後が大きく形勢を左右した将棋でした。
次に詰将棋(5・7手詰め問題)を出題。そのあとの「初めての将棋講座」は19回目です。「受け駒による詰みと逃れ」「受けの利かない詰めろ(必至)」についての解説する。最終月の3月は、いよいよ実戦指導を行っていきます。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2591-623e8840