巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7998.jpg
2月9日(月)15時30分からは大宅こども将棋教室後期9回目の開講日です。28名が受講。大盤講座のテーマは「歩の手筋」です。将棋の駒は全部で40あります。そのうち、歩は18と一番多い駒です。歩をうまく使うことは将棋の上達に欠かせません。具体的には、突き捨ての歩・焦点の歩・タタキの歩・連打の歩・継ぎ歩・垂れ歩・底歩について例題を出題し解説。
大盤講座終了後は、4面指し6・6・8・8枚落ち指導対局を行う。あとの受講者は、福山先生・鯉島先生に見ていただき、自由対局と将棋入門ドリルに取り組んでもらいました。最後に、3月8日(日)9時15分から「ひと・まち交流館京都」で開催の「第3回京都子ども将棋交流大会」の案内を配布。他の児童館の子ども達との対戦、プロ棋士による指導対局、参加賞、抽選会など楽しみがいっぱいあります。奮っての参加を願っています。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2574-a5f0f902