巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7782.jpg
1月14日(水)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。最初にタイトル戦の話題です。先日行われた王将戦七番勝負第1局は、渡辺王将が郷田九段(挑戦者)を退け、幸先の良い1勝を挙げたこと、2月に入れば棋王戦五番勝負(挑戦者・羽生四冠)が始まり、渡辺二冠はダブルタイトル戦の防衛で正念場むかえること、A級順位戦が7回戦まで終了し、5勝2敗が行方八段・久保九段・広瀬八段となり、羽生名人への挑戦者争いが混沌としてきたので目が離せません。特に最終の9回戦(3月1日・日)は、「将棋界で一番長い日」と言われています。などを話しました。
DSCF7785.jpg
大盤講座のテーマは「詰めろを防ぐ」です。一見、受けがないような局面でも、相手の立場にたって考えると、唯一の受けを発見出来る例題を挙げ、ヒントを交えながら質問形式で進めました。その後は、おまちかねの自由対局の時間です。並行して4面指しで8・4・4・4枚落ちでの指導を行いました。5年生が積極的に指導対局に挑戦してきますが、4 枚落ちでは、辛口の指導になりました。
それと、年初の教室ですので、全員に「お年玉」代わりに「解けてうれしい詰将棋・平成27年2月号」をプレゼントしました。終盤力のアップに結び付けてもらいたいです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2552-af6173c2