巖ちゃんの日々是将棋

今年もいよいよ年の瀬が押し迫ってきました。自宅の外回り清掃は暖かかった29日に行い新年に備えました。30日から二男家族が孫3人と帰省しましたので、久しぶりににぎやかになりました。早速に孫との駒遊びや8枚落ち、6枚落ち将棋対戦を楽しみました。例年通り、今年の将棋普及活動を振り返ってみますと、新たな「ご縁」を大切にして将棋普及の輪を広めることができました。また、日常生活でも、こども達から元気をもらい健康で充実した日々を過ごさせていただきました。
それと、思い切ったリフレッシュの旅も企画、実現でき、公私ともに大いに感謝しております。
公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋棋道師範  小野 巖(師-15)

先ず、京都府支部連合会としては、
1、将棋大会・イベントの開催
①、第43回全国支部将棋対抗戦・名人戦京都府大会・第21回全国シニア将棋名人戦京都府大会・1月26日
②、小学館・集英社杯争奪 第39回京都府小学生将棋名人戦・・・2月23日
   指導対局・・・矢倉規広六段、野間俊克五段
③、ねんりんピック栃木2014京都府・京都市交流大会・・・4月27日  審判・・・中尾修七段
④、第27回アマチュア竜王戦京都府大会・・・5月25日  審判・・・野間俊克六段
⑤、文部科学大臣杯第10回小・中学校将棋団体戦・・・6月22日 指導対局・・・野間俊克六段、山本真也五段
⑥、京都新聞新春将棋欄掲載イベント企画・小学生4名推薦・・星野四段、宮本四段との指導対局・10月13日
⑦、第72期名人戦第3局2日目・全国一斉大盤解説会(田中魁秀九段)・・・5月9日
⑧、第27期竜王戦第4局2日目・全国一斉大盤解説会(北浜健介八段)・・・11月21日

2、第2回京都子ども将棋交流大会の開催・・・3月9日 
主催・・・洛和会ヘルスケアシステム、共催・・・日本将棋連盟 京都府支部連合会、京都市児童館学童連盟
後援・・・京都市  協賛・・・洛和会丸太町病院、洛和会音羽病院
京都市の子育て支援施策の一環として、児童館組織を活用して「子ども将棋交流大会」を開催。順次参加児童館を増やし、子ども達の将棋人口拡大を図るとともに、交流の場を設けることで、子ども達の情操の涵養や礼儀作法の修得を目的とする。     
参加者・・・192名(低学年130名、高学年62名)
指導対局…久保利明九段、斎藤慎太郎五段、北村桂香女流2級、    
会場・・・ひと・まち交流館京都

3、上海将棋友好文化交流訪問団27名(許建東将棋倶楽部・許建東理事長、学校関係者、保護者、こども)
歓迎交流会開催(56名)・・・7月3日             
ノートルダム学院小学校訪問・将棋交流(上海こども11名) 日中将棋交流・指導対局・・・所司和晴七段、
京都伝統文化鑑賞(伝統産業ふれあい館)、
東山将棋センター訪問・・・7月4日
関西将棋会館訪問、大阪城、南京町、後楽園、歓迎会(湯原国際観光ホテル・菊之湯)・・・7月5日
上海・岡山・京都将棋友好文化交流大会開催(会場「蒜山ヒルズ」)…7月6日、指導対局・・・森信雄七段
*朝日新聞朝刊に掲載・・・「日中の小学生 将棋通し交流」 7月11日
*京都テレビNeWSフェイス・・・「日中の児童ら 将棋を通じ文化交流」 7月4日

4、全国ブロック普及サミット<大阪>に出席・・・(10月18日)  会場・・・ANAクラウンプラザホテル
 議題 ①普及に係る基本方針、②支部対抗戦の実施要領、③支部会費改定について④将棋文化検定、⑤伝統文化親子教室事業、⑥国際将棋フォーラムなどです。

京都山科支部としては、
1、100名支部を継続
皆様方のご支援、ご協力により将棋を通じた異世代交流・国際交流の推進を図り、おかげさまで支部設立9周年を迎えました。2010年8月に支部会員数100名の大台を達成してから、現在も100名支部を継続。
来年は、京都山科支部設立10周年記念イベントを3月22日(日)に企画。

2、第43回全国支部将棋対抗戦・名人戦・第21回全国シニア将棋名人戦西地区大会(4月11日~12日)へ京都山科支部が出場・・・100名支部の特典
会場・・・ホテル大阪ベイタワー。招待選手は、支部対抗戦に「村田祈星君、岩崎亮介君、小森敦也君」・
支部名人戦に藤井奈々さん・シニア将棋名人戦に平手脩さんの5名。

3、将棋交流大会(第15回・16回)および将棋教室において、プロ棋士の指導対局開催
  会場・・・東部文化会館
  1月12日…浦野真彦八段、 3月21日・・・神吉宏充七段・香川愛生女流王将、
  9月15日・・伊藤博文六段、山本真也五段

4、第6回京都早指将棋団体戦3チーム出場(Bチーム準優勝)・4月26日・会場・京都府庁福利厚生センター

5、将棋大会での朗報・
個人戦(京都山科支部会員)
藤井奈々さん・・・第50回全国高校将棋選手権大会女子個人の部優勝!!(7月27~28日)
藤井奈々さん・・・第50回全国高校将棋京都府選手権大会女子の部・2年連続優勝!!(5月18日)
藤井奈々さん・・・全国高等学校将棋竜王戦・決勝トーナメント2回戦進出(ベスト13…8月24~25日)
藤井奈々さん・・・京都府高文連主催「将棋選手権近畿大会」女子個人の部優勝!!(11月15~16日)
藤井奈々さん・・・第22回全国高等学校将棋新人大会第3位!(1月31日~2月1日)
井上 翼君・・・ 第2回京都子ども将棋交流大会低学年の部優勝!!(ももやま児童館・2年)3月9日
清水空雅君・・・ 第2回京都子ども将棋交流大会低学年の部準優勝!(ももやま児童館・3年)
西田篤史君・・・ 滋賀少年王将戦高学年の部3年連続優勝!! (5月11日)
井上 翼君・・・ 第43回京都少年王将戦低学年の部2年連続優勝!!(5月18日)
小森敦也君・・・第2回二段獲得戦優勝!!(7月21日)
小川永瑚君・・・テーブルマークこども大会低学年の部三位入賞!!(10月26日)

団体戦においても、山科支部会員のメンバーが大活躍
文部科学大臣杯第10回小・中学校将棋団体戦京都府大会(6月22日)
優勝…洛南高等学校附属小学校(井上 翼君ほか2名)…西日本大会への代表権獲得
準優勝…京都市立陵ヶ岡小学校A(藤戸登真君・小川永瑚君ほか1名)…西日本大会代表権獲得。
文部科学大臣杯第10回小・中学校将棋団体戦滋賀県大会(6月8日)
仰木中学校チーム(山本理久君・菊池伊織君…京都山科支部所属)が昨年に続き見事優勝!!

6、平成26年度山科‘きずな‘支援事業として「将棋を通じて子育て支援と三世代交流支援事業」の採択。

将棋棋道師範としては、
こども将棋教室受講生200名および一般・高齢者50名との将棋を通した有意義なふれあいにより、元気をいただき、年齢を感じずに溌剌と健康な日々を過ごすことができたことに対し感謝しています。
来年は当たり年、新たなご縁を大切にして更なる将棋普及活動に励んで行きたいと思っています。

1、京都市市民憲章推進者表彰・・・門川大作京都市長より受賞・・・6月5日 
永年にわたり自宅や児童館等において、将棋教室を開講し地域の子ども達の指導や技術向上、礼儀作法の習得に尽力するなど支え合いながらいきいきと暮らせるまちづくりに貢献。
会場・・・ひと・まち交流館京都
2、西日本地区 棋道師範臨時会議に出席(2月8日)  
 会場・・・岡山・山陽新聞社

3、第40期女流名人位戦第3局前夜祭出席および大盤解説観戦、湯原小学校訪問(2月8日~10日)  
会場・・・湯原国際観光ホテル菊乃湯

4、第3回大宅三世代交流将棋教室を開催(6月7日)・・・京都新聞に掲載
講師・指導対局・・・中尾修七段、安用寺孝功六段、北村桂香女流1級、小野巖棋道師範

5、みぶ身体障害者将棋教室・・・新規開講6回  受講6名 
  会場・・・京都市みぶ身体障害者福祉会館

6、山科・小野将棋教室・・・72回   受講28名  会場・・・自宅

7、個人指導・・・5回   新規受講1名       会場・・・自宅

8、ももやまこども将棋教室・・・30回  受講44名  会場・・・ももやま児童館

9、大宅こども将棋教室・・・32回  受講31名    会場・・・大宅児童館

10、大宅小学校将棋部活動・・・24回 受講9名  会場・・・大宅小学校創造活動室

11、ノートルダム学院小学校将棋クラブ・・・18回  受講25名 
   会場・・・ノートルダム学院小学校R20

12、どうぶつしょうぎ教室・・・6回  受講 35名    会場・・・大宅保育園

13、初めての将棋教室・・・44回  受講18名     会場・・・山科中央老人福祉センター

14、京都山科支部異世代交流将棋教室・・・12回  受講・・・50名 
   会場・・・東部文化会館、アスニー山科

15、新規児童館将棋教室の開拓
   百々児童館、勧修児童館・・・京都山科支部将棋指導員 野々村正造氏へ引継ぎ。
   御所南学童クラブ・・・京都山科支部将棋指導員 折立冨美男氏へ引継ぎ。

16、森信雄一門祝賀パーティー&記念指導対局参加(5月5日)

今後とも、皆様方の将棋普及活動へのご理解、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2541-a421339b