巖ちゃんの日々是将棋

12月16日(火)午前中は、今年最後の山科中央老人福祉センター将棋教室。今日は第4期リコー杯女流王座戦決勝五番勝負第3局・先手・西山朋佳奨励会二段VS後手・加藤桃子女王」の対戦を平手さんと共に解説。
序盤は、先手の中飛車に対し、後手は居飛車で対峙。中盤に入り、先手が向飛車からの反撃。終盤は、お互いに許らずスリル満点の攻め合い。先手が優勢のところ手順前後が痛恨の悪手となり逆転し、後手が鮮やかに寄せきった一局でした。「終盤は駒得より速度」の格言が手本となる攻防が素晴らしくたいへんに勉強になりました。
次に10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。そのあとの「初めての将棋講座」は11回目です。「遊び駒とは」「手番・持ち駒・駒得の効果」についての解説する。
午後からは、まどか会(カラオケ教室)年忘れカラオケ親睦会に参加のため「カラオケラウンジ・スワンソング」に出向きました。円さつき先生はじめ28名が参加。夕方まで貸切で、日頃の練習の成果を披露しました。余興としては「お座敷小唄」「愛しちゃったのよ」「秘めやかに華やかに」「夫婦善哉」「浪速恋しぐれ」など、それぞれ得意のデュエット曲で楽しんでいました。おかげさまで気分転換が図れよかったです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2530-aafec72e