巖ちゃんの日々是将棋

10月22日(水)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館」へ出向く。第4回目の将棋講座。受講者は6名です。大盤講座は「すぐに役立つ将棋格言」の第3弾。歩の格言・・・「金底の歩、岩よりもかたし」「仕掛けは歩の突き捨てから」「と金のおそはや」「三歩あったら継ぎ歩と垂れ歩」「歩のない将棋は負け将棋」「一歩千金」などを大盤に例題を示し解説。特に「歩」の使い方の良し悪しは、一局の将棋を左右する大きな要素です。人生にも通じる格言の意味を理解して、対戦時には「狙いを持った一手」を指すように心掛けてもらいたいです。
小休止のあと、有段の力をお持ちの金藤さんと吉岡さんには平手で指してもらい、僕は4面指し(二枚落ち・六枚落ち・六枚落ち・六枚落ち)での指導を行う。六枚落ちでの端攻めと上手王の捕え方を指導。平手感覚での二枚落ち戦では争点を作り金・銀の交換を狙う指し方を指導する。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2485-4a1d7591