巖ちゃんの日々是将棋

9月16日(火)午前中は、山科中央老人福祉センター将棋教室。最初に9月~10月にかけての将棋タイトル戦の日程について話しました。直近では、羽生善治王座に対し豊島将之七段が挑戦の王座戦五番勝負第2局が18日に行われます。豊島七段に勝ってもらい五分に持ち込んでもらいたいです。楽しみです。
大盤解説は、先手・竹田4級vs後手・伊藤4級の対戦を平手五段が解説、聞き手は小野。序盤は先手が得意の四間飛車から美濃囲い、後手は居飛車から矢倉模様。中盤に入り、飛車交換から先手が金得しそのまま押し切った将棋。今回の将棋は、大駒の使い方「馬は自陣に龍は相手陣に」、寄せの構図「終盤は駒の損得よりも速度」などを局面を戻して解説。参考にしてもらいたいと思います。次に10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。指導対局はY初段との飛車落ち戦です。序盤は下手優勢も、終盤での寄せあいで上手が逆転した内容でした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2453-010fb3fe