巖ちゃんの日々是将棋

6月24日(火)午前中は、山科中央老人福祉センター将棋教室。最初はいつものように将棋界の話題です。第85期棋聖戦五番勝負(羽生善治棋聖VS森内俊之竜王)第2局は、6月21日(土)に愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」で開催され、羽生棋聖が2連勝。森内挑戦者をカド番に追い込みました。
大盤解説は、先手・竹田4級vs後手・鳴田2級の対戦を平手五段が解説、聞き手は小野。序盤は先手が四間飛車から玉を美濃に囲い、後手は5筋位取りの中飛車から美濃に囲うも、歩ごし銀が負担になり劣勢。中盤に入り、先手が角筋に桂をはねる疑問手から、後手の歩ごし銀に働きかけたため、形勢混沌。その後、後手の狙い(飛車成り)を先手が見逃したため後手優勢。終盤では後手が駒得を拡大し堅実に先手玉を寄せ切りました。勝負所での指し手の重要性が痛感した一戦でした。次に10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。その後は、久しぶりに脇田初段と飛車落ち戦を指しました。
午後からは「カラオケまどか会」今回の課題曲は、真木柚布子「越佐海峡~恋情話」です。いつものように発声練習(声だし)をしてから、全員で歌った後、3班より順番に一人ずつワンコーラスを歌いました。先生からは、カラオケ画面を見ないで、遠くを見て、強弱をつけ、感情を込めて、訴えるように歌う。ロングトーンも意識することなどのアドバイスを受けました。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2381-f9cea0a9