巖ちゃんの日々是将棋

5月27日(火)午前中は、山科中央老人福祉センター将棋教室。最初に将棋界の話題です。第72期名人戦七番勝負は挑戦者の羽生善治三冠が4連勝で名人奪取。昨日行われた、第55期王位戦挑戦者決定戦(木村一基八段vs千田翔太四段)は千日手のあと、指し直し局で木村一基八段が勝利。羽生王位に挑戦が決定。第85期棋聖戦五番勝負(羽生善治棋聖vs森内俊之竜王)の第1局は、6月2日(月)に兵庫県洲本市「ホテルニューアワジ」で開催されることを話しました。
大盤解説は、先手・植松1級vs後手・孫井1級の対戦を平手五段が解説、聞き手は小野。序盤は先手が居飛車から舟囲い、後手は四間飛車から美濃囲い。中盤は角交換から先手が指しやすくなり終盤に突入。終盤の寄せ合いでは、先手に決め手があったが気付かず緩手を指した為、形勢は逆転し後手の勝ちとなった将棋でした。この将棋も決め手を逃すと、流れが一気に変わり逆転を招くことが実感した一局でした。次に10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。その後は、2枚落ちでの指導対局です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2353-59d5ee05