FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

4月8日(火)午前中は山科中央老人福祉センター将棋教室。最初に将棋界の話題として第72期名人戦七番勝負第1局(森内俊之名人vs羽生善治三冠)が、本日より「ホテル椿山荘東京」で開催されたことを話しました。
今回の大盤解説は先手・馬場2級VS後手・鳴田2級の対戦を平手脩五段が解説。聞き手は小野。序盤、後手の中飛車に対し、先手は居飛車船囲いから、角と銀・香の二枚換えに成功し優位に立つ。中盤に入り、先手の飛車先が重くなったところを後手が反撃。形勢が混沌。終盤では先手が致命的な受け間違いの為、すかさず後手が先手玉を包むように寄せた一局。終盤での自玉の安全度を確認する受けが勉強になったと思います。次に恒例の10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。その後、初めての将棋教室では、I3級に2枚落ち指導対局と受講者同士の対局指導です。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2304-d285f652