FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 007
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 013
3月21日(金・祝)午前9時より17時まで、京都市東部文化会館において、日本将棋連盟・京都山科支部設立9周年記念第15回将棋交流大会を開催しました。チェスクロックを使用した上手に厳しい手合いでの本格的な駒落ちによる将棋大会です。参加人数は、64名(大人33名・こども31名)でした。今日は体験受講として来て頂いた竹内勇希君が支部会員として入会手続きをしていただき、京都山科支部会員数は101名となりました。それと、京都大将軍支部の廣田長己支部長が京都山科支部運営の段取りを参考にしていただくため駆けつけていただきました。
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 016
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 026
最初に小野巖支部長より挨拶です。3月1日に支部更新手続きを完了。5年連続100名支部を維持することが出来、皆様のご支援ご協力に感謝申上げました。それと、本日指導対局をお願いしています神吉宏充七段が諸般の事情により午後2時~3時頃に、また、香川愛生女流王将も収録で東京から11時頃に会場へお越しいただくことになったことを報告。
続いて平手副支部長より将棋交流大会のルール説明です。「対局は、上手に厳しい駒割り規定によるハンデ戦で、4枚落ちまでとする。A級は、予選リーグ戦よりチェスクロック(対局時計)を使用する。B級は、決勝トーナメント戦よりチェスクロックを使用する。ただし、B級予選リーグ戦の進行状況により、チェスクロックを使用する場合があります。持ち時間は、各25分(チェスクロック使用)切れ負けとする。その他のルールは、原則として、日本将棋連盟採用のルールを適用する。対局マナーを守り、将棋を楽しく指しましょう。待った(盤上で駒から手を放したら変更はダメ)対局妨害となる助言・大声による雑談は厳禁。対戦カードは勝った人が相手のカードと合わせて役員に提出してください。その他問題が生じた時は、すべて運営役員の判定に従うこと。恒例のプロ棋士を囲んで全員の記念写真は大会終了後に撮ることとしました。
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 021
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 039
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 044
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 041
いよいよ将棋交流大会の開始です。A級(五段~2級)とB級(2級~15級)に分かれての上手に厳しい駒落ちによる将棋大会です。午前中は、4人一組の2勝通過、2敗失格の予選リーグ戦です。午後からの決勝トーナメント戦はA級、B級ともに4回勝ち抜くと優勝です。
香川女流王将には11時より16時まで長時間にわたり3~4面指しで21名の支部会員の方を指導して頂き、ありがとうございました。おつかれさまでした。神吉七段には5名の支部会員の方が指導を受けました。将棋交流大会では、予選リーグ戦から一部のB級でチェスクロックを使いました。決勝トーナメント戦では大熱戦が繰り広げられ、A級の決勝戦では「千日手」が成立。残り時間での指し直しとなりました。
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 045
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 049
将棋交流大会の結果
A級優勝・折立冨美男五段
 準優勝・小森敦也ニ段(小6)
  3位・吉田武史四段
  3位・村田祈星ニ段 (中2)
B級優勝・菊池伊織5級 (中1)
 準優勝・貝 晴臣3級 (中2)
  3位・馬場泰治3級
  3位・住若高章5級 (小6)
それと、たまたま東部文化会館の舞台を見に来られていた京都梅津支部の江口聡祐君がお父さんと見学に来られました。清水空雅君、井上翼君と練習対局を体験。
京都山科支部9周年記念将棋交流大会260321 058
将棋大会終了後、17 時過ぎからは「和食のサト」で有志11名と神吉宏充七段・香川愛生女流王将を囲んでの懇親会を開催しました。平手副支部長の乾杯の発声により、乾いた喉を潤しました。和やかに歓談のあと、一息ついたところで、恒例の1分間スピーチです。最後に全員で記念写真を撮りお開きとしました。
これからも皆様のご支援、ご協力をいただきながら、魅力ある京都山科支部を運営していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。最後になりましたが、運営役員の皆様、支部会員の皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2291-3a39ee1f