巖ちゃんの日々是将棋

3月11日(火)午前中は、山科中央老人福祉センター将棋教室。最初に将棋界の話題です。第72期A級順位戦が全局終了。羽生善治三冠が8勝1敗で森内俊之名人に挑戦。第1局は4/8、9(火、水)に東京都文京区で行われることを話しました。
大盤解説は、先手・田中6級vs後手・高田6級の対戦を平手五段が解説・聞き手は小野です。将棋の内容は、双方とも序盤から変則的な指し方で、中盤でもお互いにチャンスを逃す歯がゆい展開です。終盤になると後手が駒損と受けを間違ったことで、先手が押し切った将棋でした。今回の将棋では、序盤での玉の囲い、盤面を広く見てチャンスを逃さないことが参考になったと思います。
次に10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。その後「初めての将棋教室」は21回目。詰将棋(1、3,5手詰め)の出題と2面指し6枚落ちでの指導対局。
午後からは「カラオケまどか会」今回の課題曲は、島津悦子「浅野川春秋」です。いつものように発声練習(声だし)をしてから、全員で歌った後、キー調整をして男性のみでも歌いました。静かに流れる川のように生きてゆきたい、女の叙情歌で、しっとりと感情を込めて歌うように先生からアドバイスがありました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2283-47e65bfa