巖ちゃんの日々是将棋

2月25日(火)午前中は、山科中央老人福祉センター将棋教室。大盤解説は、先手・竹田4級VS佐藤2級の対戦を平手五段が解説・聞き手は小野です。序盤は先手の四間飛車に対し、後手も四間飛車と追従。どこまで、まね将棋が続くかと思いましたが、先手が端歩を突いたところで、後手がすかさず手を変えて銀を繰り出し優位を築く。中盤では、先手の歩損が大きく響き一方的に攻められる展開になった。先手は悪くとも後手に決め手を与えないように辛抱する局面でしたが、分かりやすい流れになり後手がそのまま寄せ切った将棋でした。次に恒例の10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。
その後「初めての将棋教室」は19回目。今日は受講者のみなさんに3手詰め詰将棋を出題し脳みそに汗をかいてもらいました。将棋格言や手筋を絡めての正解手順を解説。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2271-f8640b74