巖ちゃんの日々是将棋

2月12日(水)午後より「第2回京都子ども将棋交流大会」第2回打ち合せ会議に出席の為、ひと・まち交流館京都へ出向きました。主催の洛和会ヘルスケアシステム、共催の京都市児童館学童連盟および日本将棋連盟京都府支部連合会などから7名が集まりました。
<議題>
①会場確認・・・3月9日(日)開催の「ひと・まち交流館京都」の会場確認。開会・ルール説明会場…大会議室(ホール)、将棋交流大会会場…3階・3・4・5会議室
②進捗状況の確認・・・ブロック毎に参加人数を把握し集計。2月10日現在200名(低学年…135名、高学年…65名)に到達。参加者氏名の提出…2月22日(土)締め切り・京都市児童館学童連盟まで。
③協賛・後援依頼・・・手続き完了。
④門川大作市長・・・表彰式に出席。
⑤プロ棋士への依頼・・・日本将棋連盟京都府支部連合会において、プロ棋士3名に指導対局の要請完了…久保利明九段、斎藤慎太郎五段、北村桂香女流2級に決定。
⑥抽選賞品・・・日本将棋連盟京都府支部連合会において、扇子、将棋書籍など手配完了。
⑦各児童館への将棋盤駒71セット・・・・日本将棋連盟京都府支部連合会において手配完了。
⑧会津若松市贈呈将棋盤駒22セット・・・京都市児童館学童連盟において、贈呈数量を再確認。その後、日本将棋連盟京都府支部連合会において手配。
⑨競技規定一部変更・・・チェスクロック(対局時計)の使用について…<低学年は、決勝トーナメント戦より使用>・<高学年は、予選リーグ戦より使用>
次回の打ち合わせは、3月4日(火)14時から、会場は後日連絡。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2258-ec6b9525