巖ちゃんの日々是将棋

1月21日(火)午前中は、山科中央老人福祉センター将棋教室。最初に第40期女流名人位五番勝負第1局・先手・中村真梨花女流二段vs後手・里見香奈女流名人の相振り飛車での攻防と結果を話す。大盤解説は、先手・竹田4級VS後手・馬場2級の対戦。解説は平手脩五段・聞き手は小野。先手の四間飛車に対し、後手は右四間で対峙。振り飛車が好調な捌きを見せて、終盤は二枚飛車から必勝の局面。後手は先手の詰みを承知の上で、げたを預けたところ、先手が致命的な悪手を指し、大逆転で後手が勝利した将棋でした。「将棋は逆転のゲーム」の教材として参考になった一戦でした。その後は10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。
初めての将棋教室は16回目。今回は8枚落ち実戦講座を行いました。4名の方にそれぞれ対面して指してもらい、質問を交えながら8枚落ちでの学ぶところ(端を数の攻めで破る、飛車・角・成香を活用して上手玉を包むように寄せる)を詳しく解説。
呑棋会2601 002
18時からは「京風半茶料理 ひさ」で新年懇親会です。天童サミットから始まり10年間のお付き合いで、良い事も悪い事も、何でも言い合える間柄です。新鮮な海の幸に舌鼓打ち、一献傾けながら、ざっくばらんに単刀直入に、激論を交わしました。すべて言い合ったら仲直り。「雨降って地固まる」です。京都府連として一丸となり、普及に努めることを確認し合いお開きとなりました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2239-b7f07977