巖ちゃんの日々是将棋

11月19日(火)午前中は平手脩五段と共に恒例の山科中央老人福祉センター将棋教室に出向く。大盤解説は、先手・竹田4級vs後手・馬場2級の対戦。先手の四間飛車に対し後手は居飛車で対峙。後手が銀を繰り出し急戦で仕掛ける。中盤に入り形勢が二転三転。終盤になって美濃囲いの玉の堅さを活かした先手が勝利。今回の大盤解説では、角交換後の飛車と飛車が向かい合った局面での「タタキの歩」の手筋を参考にしてもらいたいです。その後は10分間3本勝負の詰将棋(3・5手詰め問題)を出題。
初めての将棋教室は7回目。「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」「駒の働きによる価値を知る」「駒得と駒損の復習」「駒の取り方」のレッスンを質問を交えながら、分かりやすく解説。そろそろ8枚落ちでの実戦指導を取り入れたい。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2187-12545593