巖ちゃんの日々是将棋

ももやま・自宅教室 006
ももやま・自宅教室 020
11月16日(土)午前中は第21回ももやまこども将棋教室の第3回目です。大盤では駒の損得の講座です。「得する駒の使い方」「二枚換えの損得」「歩切れだから決まる攻め」など具体例を示し解説。その後、詰将棋2問を出題。大盤講座終了後は、12月より開始する「駒落ちによる対局」の級を決めるため、新規受講者5名に対し、多面指しで6枚落ちでの棋力認定対局を行う。
ももやま・自宅教室 024
ももやま・自宅教室 027
13時30分からは、山科・小野将棋教室です。大盤講座は「第26期竜王戦七番勝負第3局」先手・森内俊之名人VS後手・渡辺明竜王の棋譜を並べてみんなで鑑賞しました。将棋内容は、3局続けての「矢倉5三銀右急戦」です。渡辺竜王が王の堅さ・駒の効率を重視。一方、森内名人は駒得を主張。お互いに得意な展開になり見ごたえがありました。最後は渡辺竜王が先手玉を長手数の即詰みに討ち取った。これで、渡辺竜王が1勝、森内名人が2勝となり、七番勝負が面白くなりました。
大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の鬼村14級に8枚落ち、藤戸5級・中村6級に6枚落ち、住若初段に2枚落ちでの指導です。2部では西田二段に平手、岡本初段に飛車落ち、井上2級に2枚落ちでの指導を行う。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2184-00fabd16