巖ちゃんの日々是将棋

自宅教室 002
10月5日(土)午後からは「山科・小野将棋教室」開講日です。大盤講座は、第34回将棋日本シリーズ・先手・久保利明JT杯覇者VS後手・広瀬章人七段との対戦を鑑賞しました。相穴熊の対戦での攻め方、受け方が勉強になりました。特に、久保利明JT杯覇者が4二角成から後手玉を受けなしに追い込んで勝ち切った手順は見事でした。
それと、2部では、先日京都新聞文化ホールで開催された「京滋団体将棋大会」決勝トーナメント2回戦・先手・櫻井研、西川恭平五段VS後手・京都山科支部A、岩崎亮介三段の対局を解説しました。この対局も相穴熊の攻防です。後手が終盤での一瞬のチャンスを逃さず、先手玉を受けなしに追い込んだ将棋でした。強豪相手に岩崎君が金星を勝ち取り、今後の対局において、大きな自信に繋がることでしょう。
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、曽根4級・藤戸5級に6枚落、田中12級に8枚落ち、武田1級に2枚落ちでの指導を行いました。2部でも、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、西田二段、山本三段に平手、山下初段に2枚落ちでの指導です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2148-8ed2ac77