巖ちゃんの日々是将棋

9月17日(火)午前中は山科中央老人福祉センター将棋教室に向かいました。まだ地下鉄東西線の復旧見込みがたっていません。今日の大盤解説の対戦は、先手・北口1級VS後手・植松1級です。序盤は、お互いに申し合わせたように堂々たる相矢倉に玉を囲い対峙しました。中盤の仕掛けで双方とも緩手が目に付きましたが、先手の攻め駒が捌けて優勢な局面となりました。ところが優勢な先手に端攻めの緩手が出ました。後手は端を手抜きで玉頭から攻めれば逆転のチャンスでした。後手は巡って来たチャンスを活かしきれず、その後は先手が攻めを繋げて後手玉を寄せ切った内容でした。劣勢の将棋でもワンチャンスで逆転の要素がひそんでいる将棋の醍醐味が勉強になったと思います。その後は「5手詰め問題」を3問出題しての体操をしました。
初めての将棋教室は11回目です。「素抜き」「速い手・遅い手」「攻め合い」について、例を挙げて分かりやすく解説しました。次回はいよいよ最終回です。10月からの「初めての将棋教室」は6ヶ月講座です。講座をゆとりを持って進め、実戦での指導も織り込みながら、分かりやすく、楽しく教室を運営して行きたいと思っています。京都市在住60歳以上の受講者歓迎します。申込みは「山科中央老人福祉センター」です。<お問い合わせ>…電話075-501-0242
花山稲荷神社 005
午後からは、京都市社会福祉協議会を通じて将棋講師の要請があった、花山稲荷神社の境内にある「百々児童館」へ山科支部の将棋指導員補佐・野々村さん(百々学区)と出向きました。将棋のよさをお話ししたのち、具体的な打ち合わせを行い、来週の火曜日から開講の運びになりました。続いて、近くに位置する折上稲荷神社境内にある「勧修児童館」にも立ち寄りました。こちらも将棋教室開講に前向きで、実現に向けて具体的なスケジュールを調整する運びです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2131-7821f33e