巖ちゃんの日々是将棋

9月10日(火)午前中は、前々日から風邪を引いてしまい体調不良でしたが、山科中央老人福祉センター将棋教室に向かいました。今日の大盤解説の対戦は、先手・鳴田2級VS後手・孫井1級です。後手がオーソドックスな四間飛車から美濃に王を囲ったのに対し、先手は居玉で変則的な陽動向飛車戦法を採りました。中盤に入り、後手が銀交換から先手の弱点をつき優位に立ちました。終盤は劣勢の先手に勝負手のワンチャンスが巡って来ましたがその手筋を逃したため、後手が駒得を活かし先手玉を寄せ切った内容でした。ポイントの局面で手筋の活用が勉強になった一局でした。その後は「5手詰め問題」を3問出題しての体操をしました。
初めての将棋教室は10回目です。「囲いの崩し方・・・美濃囲い、矢倉囲い、高美濃と銀冠」について、例を挙げて解説しました。9月の教室は、あと2回です。10月より「初めての将棋教室」を3ヶ月講座から6ヶ月講座に改定します。講座をゆとりを持って進め、実戦での指導も織り込みながら、分かりやすく、楽しく教室を運営して行きたいと思っています。京都市在住60歳以上の受講者歓迎します。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2126-f3eba83d