巖ちゃんの日々是将棋

CIMG9941-1.jpg
7月27日(土)午後からは、山科・小野将棋教室の開講日です。今回の大盤講座は、24日に大阪で開催された「文部科学大臣杯第9回小・中学校将棋団体戦西日本大会」の全国大会出場枠をかけた熱戦譜、西田篤史君(仰木の里東小学校5年)vs岡本詢也君(今年度小学生将棋名人戦全国準名人、兵庫・加古川市立東神吉小学校5年)の将棋をポイント解説しました。篤史君優勢で終盤を向かえましたが、岡本君は紛れを求めて、端に活路を見出し、相手の読み筋を外そうとしていました。一方、篤史君は「5五馬」と詰めよをかけ、相手に「6四銀」と持ち駒をつかわし「5六馬」と自陣にひきつけながら「金」に連絡をつけた手順は素晴らしかったです。直後、岡本君は、何気なく「桂馬」を取って手を渡したかに見えましたが、唯一の勝負手「9六桂馬打ち」を狙っていました。ところが篤史君は「3一飛」と打ち、美濃囲いの攻略を目指したのが痛恨の一手となり、勝利の女神が岡本君に微笑んだ一局でした。
この将棋で学ぶ点は、劣勢になっても最後まであきらめず、相手が早く指したい気持ちを焦らすように充分に間を取ってから、相手の読み筋にない手を指し、秘かに勝負手を狙っている岡本君の指し方は、小学生らしからぬ駆け引き上手と感心しました。篤史君には、いい勉強になったと思います。
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、奥田6級、別所10級に6枚落ちで、住若1級に2枚落ちでの指導を行いました。2部でも、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、山下初段に2枚落ちで、山本三段に平手での指導対局です。それと、今日は1部の武田明夜3級が10勝3敗の成績で2級に、曽根悠汰6級は5連勝で5級に、それぞれ昇級しました。おめでとう。これからも更なる目標に向かって精進を続けましょう。
CIMG9944.jpg
CIMG9948.jpg
CIMG9953.jpg
教室終了後6時30分からは、ももやま健光園・児童館において、バンド…ナレオハワイアンズ、フラ…フカマイカラによる恒例のハワイアンショーのカメラマンとして参加してきました。ナレオハワイアンズは、ももやまこども将棋教室でお手伝いを頂いている木下博視先生以下5名のバンドです。健光園の入居者のみなさん、職員の方々、児童館の先生、ボランティアの方々が全員参加でハワイアンショーを盛り上げ、いつもながらアットホームな雰囲気で大変によかったです。小森さん、敦也君が参加されていました。合間にはビールを飲みながら将棋談議をしていました。終了後、3人(波多野館長、木下さん、僕)の記念写真を撮ってもらいました。楽しいひとときでした。
CIMG9965.jpg
CIMG9969-1.jpg
CIMG9977-1.jpg
CIMG9992.jpg
CIMG0007.jpg
CIMG0009-1.jpg
CIMG0021-3.jpg
CIMG0026.jpg
CIMG0027-3.jpg
CIMG0052-2.jpg
CIMG0055-2.jpg
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2088-9abf20bd