巖ちゃんの日々是将棋

7月2日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説の対戦は、先手・竹田3級VS後手・馬場2級です。序盤は先手が指しなれた四間に飛車を振り自然に玉を美濃に囲ったのに対し、後手は居飛車で急戦か持久戦か狙いがハッキリしない陣形での対峙で先手が指しやすい局面でした。中盤に入っても、先手が優勢な局面で推移し、終盤の寄せでは、四間飛車の快心譜になるかと思いましたが、ここからもつれて、後手に唯一のチャンスが巡って来て、即詰みの大逆転になるかと思いました。自玉に「必至」がかかっているのに、先手玉に「詰めろ」をかけた為、逆に自王を詰まされてしまいました。終盤の寄せ合いでは、自玉に受けがない状態を確認できれば、相手玉を詰ましに行くべきです。
初めての将棋教室は初回です。「将棋の歴史」「駒の名前・種類」「マス目の呼び方」「駒の利き」「駒を取る・取られる」「駒損と駒得について例を挙げて解説しました。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2064-4998f37c