巖ちゃんの日々是将棋

CIMG0659.jpg
CIMG0672-1.jpg
7月1日(月)は「夏の節電」スタートの日です。主催者の「社会福祉法人 大宅保育園・大宅児童館」山手重信理事長の計らいにより、本年は趣向をこらして、栗林の農園で、自然の涼を感じながら、蚊取り線香を焚き、昔ながらの「しょうぎ」で将棋を指し、世代を超えた交流を図りました。参加者は30名です。
運営協力は、日本将棋連盟 京都山科支部より、阪田幹事、上田将棋指導員、折立将棋指導員、藤井奈々さんに駆けつけてもらいました。大宅こども将棋教室からは、福山先生に来て頂きました。
最初に、大盤講座・講師として、日本将棋連盟公認 将棋棋道師範の小野巖が担当しました。「駒の取り方」「持ち駒の使い方」などをわかりやすく解説し、符号で答えられるように指導しました。
CIMG0684.jpg
CIMG0687.jpg
その後は、2~3面指しでの指導対局、および、こども同士の自由対局です。先生方には駒落ち対局による下手の勝ち方を指導してもらいました。日中にも関わらず、栗林の木陰は涼しく、普段体験できない自然の中での快適な環境で将棋を指すことができ、こども達も大喜びでした。
CIMG0689.jpg
CIMG0696-1.jpg
対局終了後は、冷やした採りたてのトマトをいただきました。美味しかったです。最後に、全員で記念写真を撮り、楽しいひとときを終了しました。山手理事長はじめ保育園・児童館関係者のみなさま、保護者の方々、運営役員のみなさま、おつかれさまでした。ありがとうございました。
CIMG0700.jpg
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2063-659d0d50