巖ちゃんの日々是将棋

CIMG0593.jpg
CIMG0609-2.jpg
6月29日(土)は、ひと・まち交流館京都で9時30分より「文部科学大臣杯第9回小・中学校将棋団体戦京都府大会」を開催しました。本大会は、定刻の9時30分より、京都府連・清水忠治幹事長の司会でスタートしました。先ず最初に、主催者を代表して日本将棋連盟京都府支部連合会小野巖会長より開会の挨拶です。主な内容は次の通りです。
「本大会も早いもので第9回を迎えました。今回の京都府大会の出場チームは、23日に舞鶴で開催した京都府北部地区予選参加の6チームを加えて、小学校チームが28チーム、中学校は24チーム、合わせて52チーム・156名の参加となりました。これも、ひとえに、子供たちのためにいつもお世話いただいております、引率の先生、保護者の皆様方のおかげと感謝申し上げます。
さて、最近の京都における将棋の話題をお話したいと思います。
1つは、3月に洛和会グループおよび児童館学童連盟に働きかけ、念願の「第1回京都子ども将棋交流大会」を開催しました。京都市にも後援を取り付け、表彰式には門川大作京都市長も駆けつけていただき、たいへん盛り上がった大会でした。今後も毎年開催できるように働きかけたいと思っています。
2つ目は、京都の将棋普及活動が評価され、本大会における小学校将棋団体戦西日本大会への出場枠が2チームから3チームに増加しました。これは京都将棋界に取って大きな成果だと思っております。これからも、京都府連として将棋連盟の方針を受け、児童館組織および教育委員会と連携をとり、伝統文化としての将棋が、広く児童館や学校のクラブ活動・部活動で取り入れられ、ますます将棋の輪が広がっていくように努めていく所存です。今後とも将棋の普及活動にご理解、ご協力を頂きますようお願い申し上げます。
次に選手の皆さんに申します。
本大会は学校単位の3人一組の団体戦です。これからの対局では、盤面をよく見て「手拍子で指さずによく考えてから指すこと」「最後まであきらめない」ことに心掛けてください。対局の始めと終わりの礼儀を忘れずに、マナーを守って、自分の持てる力やチームワークを充分に発揮して今日一日、将棋を楽しんでください。
CIMG0615-1.jpg
それと今回は、今年の4月に女流棋士になられた、京都府宇治市出身の北村桂香女流2級が駆けつけてくれました。数年前には、北村さんも本大会に出場した経験があります。後ほど、師匠の小林健二九段および野間俊克五段とともに、予選リーグで敗退されたチームを優先して、指導対局をお願いしております。指導対局の希望者は予選リーグ2回戦終了後、受付まで申し込みをしてください。それでは、みなさんの健闘を祈ります。」
CIMG0626.jpg
次に、司会の清水幹事長より運営役員の紹介、及び、審判・指導対局をお願いしました小林健二九段、野間俊克五段、北村桂香女流2級の紹介です。最後に、競技規定、ルール説明を京都府連・西澤保副会長より詳細に分かりやすく話をしました。
CIMG0618.jpg
9時50分に、いよいよ予選リーグ1回戦の開始です。予選リーグ戦、決勝トーナメント戦とも持ち時間は各20分切れ負けです。但し、準決勝・決勝戦の持ち時間は各15分、切れたら以後一手30秒の秒読みとしました。予選リーグ戦は、4チーム1組で2勝通過、2敗失格です。2回戦が終了した11時より、予選リーグ戦敗退チームを優先して指導対局の受付を行い、それぞれ5面指しでの指導対局をお願いしました。
午後1時からは、決勝トーナメント戦です。特に、準決勝は熱気ムンムンの中で大熱戦が展開されました。それと並行して、指導対局も引き続き行いました。63人のこどもたちが指導対局を受けることが出来、また局後のコメントもいただき、大変満足の様子でした。
CIMG0634.jpg
CIMG0637.jpg
今回残念なことに、決勝トーナメント1回戦においてトラブルが発生しました。終盤において、自玉に角で王手がかかっているのに、飛車で相手玉に王手をかけた「王手放置」の局面です。問題は、相手チームのメンバーが「王手になっている」と助言したタイミングが投了してからか、投了前かの判断です。役員が集まり、双方の選手から話を聞きましたが、結論として「投了優先」と判断せざるを得ない状況でした。後味の悪い結果となりましたので、今後このようなトラブルを避ける為、次回の理事会議で対策を討議をしたいと考えています。
CIMG0639.jpg
CIMG0642.jpg
表彰式のあと、本大会の総括を小林健二九段にお願いしました。その後、優勝・準優勝・三位の小学校チーム、続いて、優勝・準優勝・三位の中学校チームに分かれて、記念写真を撮りました。
CIMG0653.jpg
CIMG0654-1.jpg
結果は
<小学校>
優勝・・・「宇治市立小倉小学校」・・・西日本大会への代表権獲得
準優勝・・「京都市立竹田小学校」・・・西日本大会への代表権獲得
三位・・・「亀岡市立安詳小学校」・・・西日本大会への代表権獲得
三位・・・「京都市立今熊野小学校」となりました。
CIMG0652.jpg
CIMG0651.jpg
<中学校>
優勝・・・「宇治市立西宇治中学校A」・ 西日本大会への代表権獲得
準優勝・・「私立洛星中学校」・・・・・西日本大会への代表権獲得
三位・・・「宇治市立西宇治中学校C」「宇治市立西宇治中学校B」となりました。
なんと、今回優勝した小倉小学校および西宇治中学校Aとも、昨年に続き2年連続優勝です。特に、小倉小学校チームの決勝トーナメント2回戦での鬼村遼君の貴重な勝ち星は素晴らしかったです。代表権を獲得されたチームは、7月24日(水)にホテル大阪ベイタワーで開催される西日本大会に出場します。京都府代表として活躍を期待しています。
CIMG0645.jpg
小林健二九段、野間俊克五段、北村桂香女流2級、運営役員の皆様、引率の先生、保護者の皆様、本当におつかれさまでした。おかげさまで、予定より早く大会を終えることが出来ました。皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
スポンサーサイト

 おめでとうございます。
小学校の代表権獲得はすべて、兄弟姉妹関係があるチームですね。

2013.06.29 21:52 URL | 小森 #- [ 編集 ]

小森様、昨日はお世話になりました。おつかれさまでした。伏見南浜小チーム、よく頑張りました。準々決勝が惜しかったですね。優勝・準優勝チームも紙一重での栄冠でした。
今回は小学校チームの西日本大会出場代表枠が2チームから3チームに増加して頂いた背景がありました。
会場の都合で土曜日開催になったことの影響もあったのですが、小学校チームについては、棋力を問わず、参加チーム数を増やそうとの気持ちに温度差があったことが残念に思いました。

2013.06.30 14:20 URL | 将棋のがんちゃん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2062-4da6c8f7