巖ちゃんの日々是将棋

CIMG0556.jpg
6月16日(日)は八幡市文化センターで開催の「第15回佐藤康光杯争奪将棋大会」に出場してきました。200名を超える参加者で、A級、B級、C級、ジュニア級の4クラスに分かれての4人一組による予選リーグ(2勝通過、2敗失格)の後、32名による決勝トーナメント方式です。
CIMG0554-1.jpg
開会は、大会会長・八幡市長の堀口文昭氏の主催者挨拶。続いて主賓挨拶は八幡市議会議長の細見勲氏、公益社団法人日本将棋連盟棋士・佐藤康光九段。審判長の挨拶は平藤眞吾七段。最後に実行委員長の吉村幸夫錦旗会支部長より競技説明があり、10時に予選リーグ第1局の対戦がスタートしました。
CIMG0563.jpg
CIMG0573.jpg
僕は、昨年と同様に強豪揃いのA級に参加しました。予選リーグを突破することを目標にして対局に臨みました。対局はチェスクロックを使用し、持ち時間各25分の切れ負けのルールです。予選リーグ1回戦を「受けて・受けて・受け切って」勝つことが出来ましたが、2回戦、3回戦では、勝ちに対しての執念に欠けていたようでした。結果は1勝2敗で予選突破は出来なかったです。指導対局は、佐藤康光九段と平藤真吾七段です。
A級で初出場の小森敦也君が決勝トーナメント2回戦(ベスト16)に駒を進める大活躍。ジュニア級では井上翼君が8連勝で優勝!!の朗報。二人とも、よく頑張りました。これを励みにして、更なる精進を期待しています。
八幡市文化センターから京阪八幡駅まで歩いて帰りましたが、太陽の照り返しが厳しく、熱中症になるかと思うぐらい頭がクラクラしていました。八幡駅に着いて思ったことは、もっと対局中に、頭が汗をかくぐらい熱中すべきだったと反省しました。またチャレンジします。帰宅すると、息子から「父の日」のプレゼントがあり、気持ちの切り替えが出来てうれしかったです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2049-8f6cf3cb