巖ちゃんの日々是将棋

5月21日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋教室へ出向きました。大盤解説の対戦は、先手・竹田勉4級VS後手・鳥居孝之3級です。先手の四間飛車に対し、後手は右四間で対峙しました。中盤に入ると先手の捌きが奏功し優位を拡大して必勝形となりました。ところが、銀を捨てて後手玉を寄せ切るつもりが攻めが切れてしまい、後手の重たい攻めが間に合う展開となり、大逆転して後手の勝ちとなった一局でした。
自玉が3手スキになっているので、後手玉を駒を捨てて寄せる必要がない局面でした。次に厳しい手(詰めよ)で迫っていけば、自然に勝ちになる流れで先手にとっては悔やまれる将棋でした。初めての将棋教室は7回目です。「駒の取り方」「両取り」「成と不成」を例を挙げて解説しました。
午後からは、幼馴染の棋友宅を訪問して気軽に思い出話しや将棋界の話題などで盛り上がっていました。短時間でしたがタイムスリップした心地よい楽しいひとときでした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2020-53ea71e7