FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

5月7日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説の講師は平手脩五段、聞き手は小野です。今日の対戦は、先手・北口1級VS後手・脇田初段です。序盤から多少の手順前後はありましたが、ゆったりした本格的な相矢倉戦に推移しました。中盤では、後手の棒銀が立ち遅れたところを先手が先攻して優位を築きました。終盤に入っても先手の優位は動かず、後手としては不利を承知で大捌きにでたところ、先手玉に王手がかかっているのに、先手が後手玉に王手をかけてしまったのです。王手放置のあっけない幕切れでした。今回の将棋は、先手にとっては終始優勢な局面だっただけに、悔いが残る残念な結果でした。この将棋は「将棋は最後まで何が起こるかが分からない」ことが示された一局で参考になりました。
初めての将棋教室は5回目です。いつものように講師は小野です。「詰将棋問題(1・3手詰め)」を例を挙げて詳しく解説しました。それと、テキストや詰将棋問題の予習、復習をしてもらうように話しました。
午後からは、四条壬生に所用があったので、梅津段町まで足を伸ばし、1階に移転後の新装された「梅津将棋クラブ」を訪問しました。あいにく席主の清水さんはお出かけでしたが、久しぶりに辻広次さんと一局指してから失礼しました。明るくてきれいな道場に変身していました。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2004-de9cf331