巖ちゃんの日々是将棋

CIMG9941.jpg
4月24日(水)は、第71期名人戦七番勝負(森内俊之名人VS羽生善治二冠)第2局の2日目です。ニコニコ生放送と16時からのNHKBSプレミアムで観戦していました。NHK大盤解説は、畠山鎮七段と斎藤慎太郎五段の師弟コンビでした。特に、詰将棋の名手の斎藤五段による終盤の寄せ合いでの解説を楽しみにしていたのですが、局面はすでに優劣がハッキリしていたので期待が外れました。今対局は、森内名人の持ち味が目立ち、羽生三冠の構想が苦しかったと思われます。劣勢になった局面で「羽生マジック」での逆転を期待していたのですが、粘りのない淡白な指し手で17時過ぎの早い投了は意外でした。これで、森内名人の2勝となり、羽生三冠に取っては第3局が正念場となりました。5月10日(金)に開催の「第71期名人戦七番勝負第3局2日目・全国一斉大盤解説会」では大熱戦を期待したいです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/1993-da82468d