巖ちゃんの日々是将棋

CIMG9849.jpg
4月13日(土)午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」開講日です。受講者は、1部12名、2部は10名でした。今日は長澤一輝君が1部に6級で入会しました。
大盤講座は、第2回電王戦第2局・先手・コンピュータ、ポナンザVS後手・佐藤慎一四段の対戦を解説しました。序盤は後手が指しやすい局面でした。中盤でも5五歩と後手が指した時点では優勢を持続していたと思いました。終盤に入り先手にしつこく攻められましたが、後手が入玉を目指す指し方に徹すればよかったと思いました。ところが人間の弱点の迷いが生じたことで、先手にうまく寄せられてしまいました。佐藤四段にとっては惜しい一局でした。
本日行われている第4局は、プロ棋士に取って負けられない正念場を向かえました。結果は相入玉での引き分けとなりました。これで、プロ棋士側から見て、1勝2敗1引き分けです。いよいよ第5局はA級棋士三浦八段の登場です。それと、将棋会場のホテル大阪ベイタワーにおられる京都山科支部の村田さんから、支部将棋対抗戦・名人戦西地区大会の予選リーグ突破の朗報が入ってきました。決勝トーナメント戦では、力及ばず残念でしたが、県代表クラスの中で予選を抜けたことは、大きな成果と思います。選手のみなさん、おつかれさまでした。
CIMG9851-1.jpg
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、西尾訓一初段、住若高章2級に二枚落ちで、中村将大6級に6枚落ちで、鬼村遼15級に8枚落ちで指導しました。2部では、対局カードによる駒落ち対戦です。大熱戦の佐竹真悠三段VS西田篤史二段および、藤戸蒼志1級VS村上直維1級の将棋は、デジカメで局面を撮り、指しかけとして次回に決着をつけることとしました。
19時からは、中在家町内会総会に出席の為、自治会館に出向きました。町内役員・組長の紹介、会計報告、レクレーションの開催などが議題でした。僕は、提案として、現在、京都市において防犯カメラ設置費用の9割を補助する制度の案内があるので、大宅自治連合会で中在家公園に防犯カメラの設置を申請していただくように要請しました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/1982-12056b7e