巖ちゃんの日々是将棋

1月8日(火)午前中は今年最初の山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。新年の挨拶のあと昨年と同様、大盤解説の講師は平手脩五段、聞き手は小野です。対戦は、先手・孫井2級VS後手・谷口1級です。双方とも序盤の駒組みに疑問が残る進行でしたが、組みあがると堂々とした相矢倉戦となりました。中盤に入ると後手が銀交換を仕掛けたところ、先手が角で飛車を狙う反撃が奏功し、優位に立ちました。終盤に入っても先手の駒得が大きく、後手が切れ筋の様相でした。しかし、後手の最後の勝負手に対し、先手が受けを間違った為、大逆転で後手の勝ちとなった将棋でした。肝心な局面での正確な対応が課題でした。
初めての将棋教室は初回です。いつものように講師は小野です。「将棋の歴史」「駒の正しい並べ方」「マス目の呼び方」「駒の名前と種類」「駒の利き」「駒を取る、取られる」「駒損・駒得」について解説しました。
午後からは今年最初の「カラオケまどか会」です。課題曲は、島津悦子の「めおと暦」です。いつものように発声練習(声だし)をしてから、ノーマルで歌ったあと、キー調整をして、マイナス1とプラス2でも歌いました。テンポのいい歌で、全体にリズミカルなフィーリングで歌うようにとの、先生のアドバイスがありました。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/1898-8d8ee05e