巖ちゃんの日々是将棋

このところ、せきが止まらず風邪気味でしたが、2日間休養していたおかげで、いつものように12月25日(火)午前中は、今年最後の山科中央老人福祉センターでの将棋教室へ出向きました。大盤解説講師・平手脩五段、聞き手・小野です。対戦は、先手・高田6級VS後手・竹田5級です。先手が初手「7八金」と指したのに対し、後手は四間飛車から王を美濃に囲いました。先手が居玉で棒銀から角交換に応じた為、後手に大きく捌かれ銀損を招きました。後手が大優勢の局面でしたが、終盤では後手に緩手が出ましたが、大勢に影響がなくそのまま寄せ切った将棋でした。序盤での指し方と玉の囲いを重視することが課題でした。
初めての将棋教室は最終回です。「玉の囲い」「囲いの悪形」「囲いの崩し方」について解説しました。
15時30分からは、大宅保育園において、来年3月10日(日)京都市職員会館「かもがわ」で開催の「第1回京都子ども将棋交流大会」における、各児童館での参加メンバー人選、進行スケジュール、トロフィー・賞品、参加賞などについての打ち合せを行いました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/1889-7ab3ae7c