巖ちゃんの日々是将棋

12月11日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説講師・平手脩五段、聞き手・小野です。対戦は、先手・孫井2級VS後手・北口1級です。双方とも序盤の駒組みに疑問が残る進行でしたが、中盤に入ると先手が美濃囲いの堅陣を頼りに角切りの強襲を敢行し優位に立つかと思いきや、肝心な局面での緩手により飛車が捌けず、後手が駒得を生かした堅実な対応で、押し切った長手数の将棋でした。将棋を指す上での「感覚」(例えば、相手の駒が凝り形になっているところを攻めない・歩をつき捨てて「と金攻め」を狙うなど)を身につけてもらいたいと感じた一局でした。
初めての将棋教室は8回目です。「王手と詰み」「千日手と持将棋」「将棋の格言」について詳細に解説しました。
午後からは「カラオケまどか会」です。課題曲は、鏡五郎の「惚れて道づれ」です。いつものように発声練習(声だし)をしてから、ノーマルとマイナス3のキーで歌った後、さらにキー調整をして順番に歌い、先生のアドバイスを頂きました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/1875-237ae958