巖ちゃんの日々是将棋

11月20日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。最初に、第25期竜王戦七番勝負第4局が滋賀県近江八幡市「ホテルニューオウミ」で今日、明日にかけて開催されることを伝えました。大盤解説では、先手・鳴田3級VS後手・植松1級との対戦を、平手脩五段の解説、小野が聞き手で行いました。序盤での手順は、先手が自然な中飛車戦法に対し、後手は居飛車で3ニ金と上ったのが疑問で、先手が指しやすい局面でした。中盤に入り後手が盛り返し、一進一退の互角の形勢になりました。角交換後、先手が「6六角」と飛車・香車取りに打つはずが、手が滑ったのか「6七角」と打った為、後手の「4五馬」で角をただ取りされてしまいました。その後、懸命に指し続けましたが角損が大きく、先手投了となりました。
今回の課題は「序盤での手順」です。大盤を使い再度、序盤での手順(特に居飛車での対振り飛車に対する手順)について、平手さんと共に並べて解説をしました。
初めての将棋教室は6回目です。「数の攻め」「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」「駒得・駒損の復習」についての解説と、数の攻めの実践として「八枚落ち」での指し方を指導しました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/1856-dc8ce513