FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

CIMG8654.jpg
CIMG8668.jpg
7月5日(木)~6日(金)にかけて、一泊二日のミステリーバスツアーに初めて行って来ました。西の方面に行くことは分かっていましたが、それ以外は???です。ミステリーバスツアーは、ドキドキワクワク感があり、行き先を予想する楽しい面と、期待していた予想がはずれた場合に「がっかり」する両面があります。今回宿泊した「皆生温泉・つるや」は、5つ星の宿だけあって、サービスが行き届いていて、食事は新鮮で美味しく品数も多くあり、露天風呂と部屋もほぼ満足で、お薦めの宿です。主な立ち寄り先は、鳥取砂丘、水木しげる記念館です。それ以外に余分な立ち寄り先がありましたが、それによって2万円の格安ツアーが成り立っていると思い、仕方がないところです。一泊二日のバスツアーにしては、鳥取、米子、境港、松江と遠いところまで行ったものです。
CIMG8606-1.jpg
CIMG8618.jpg
5日(木)京都八条口を午前8時15分に出発。参加者は満席の46名です。予想通り、南インターから大阪方面に向かいました。中国自動車道に入り、加西SAで休憩。鳥取自動車道に入ったところで、鳥取砂丘に向かうことが分かりました。砂丘センターで昼食後、ラッキーなことに直前まで大雨が降っていたのが止んだので、リフトに乗り砂丘散策に行きました。次の目的地に向かう為バスに乗ると、また激しく雨が降ってくるラッキーな展開です。次に向かったのは「因幡の白兎」と「縁結びの神様」で有名な白兎神社への参拝です。
CIMG8626.jpg
CIMG8635-1.jpg
CIMG8656.jpg
続いて向かったのは「妻木晩田(むきばんだ)遺跡」です。発見されてからまだ17年しか経っていないので、認知度は低いですが、国内最大級の弥生集落遺跡です。弥生人の暮らしを再現したり、さまざまな出土品の展示などがありました。この時点で宿泊場所は、三朝温泉、湯原温泉、皆生温泉、玉造温泉などを予想していましたが、その中の一つ「皆生温泉・つるや」でした。16時30分に宿に到着できたので、ゆっくりと寛ぐことが出来ました。
CIMG8663.jpg
CIMG8666.jpg
CIMG8673.jpg
CIMG8675.jpg
CIMG8678.jpg
6日(金)は、旅館を午前9時に出発して境港まで行き「大漁市場なかうら」に立ち寄ってから、妖怪スポットや水木しげる記念館を散策しました。道の両側に100を超えるいろんな妖怪ブロンズが立ち並んでいました。次に向かったのは松江方面でしたので、松江城と予想していましたが、ハズレました。玉造温泉の近くの「玉作湯神社」でした。この神社にある「願い石」に、社務所で授けてもらった「叶い石」を直接触れさせ、パワーをもらうことで願い事が叶うというお守りが有名とのことでしたので、その通り参拝をしました。続いて「いずもまがたまの里・伝承館」へ向かい、まがたま制作を見学した後、伝承館で昼食です。「せいろ蒸し」の昼食は、珍しくアツアツで美味しかったです。
CIMG8686.jpg
CIMG8685.jpg
CIMG8690.jpg
CIMG8692.jpg
CIMG8693.jpg
CIMG8696.jpg
CIMG8698.jpg
午後からはお土産スポットの「お菓子の壽城」に立ち寄りました。最後に金運パワースポットの「金持神社」に参拝して、一路京都へ戻りました。
今回のミステリーツアーは、立ち寄り先が多くあり、長距離の運行に加えて満席でしたので、大変に疲れました。道中は大雨の天気でしたが、いつも旅に行くときに愛用している「青のブレスレット」のおかげか、バスを降りての散策・見学時には、雨が止んだりしたことはよかったと思いました。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/1731-8d293074