FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

7月27日(火)は、山科中央老人福祉センターにおいて初めての将棋教室の開講日です。卒業生を対象とした大盤解説は、先手鳥居3級VS後手鳴田3級の平手戦です。平手脩五段の解説、小野が聞き手です。
先手の居飛車引き角戦法に対し、後手は四間飛車で対抗しました。序盤において双方とも手順前後がありましたが、ともに玉を囲い中盤戦に備えました。中盤では後手がうまく捌けて優勢でしたが、終盤に入り劣勢の先手が飛車をぶつける勝負手を放したところ、後手が気付かずに他の手を指した為、先手が飛車の丸得になり大逆転になってしまいました。その後も後手の馬までも飛車で取られ、完全に将棋が終わってしまいました。
今回の対局では、大ポカによる大逆転の将棋で、最後の最後まで勝敗はわからない将棋の怖さを示した一局で大変参考になったことと思います。
大盤解説のあとは、6月での卒業生を含めた卒業生同士の自由対局と並行して、初めての将棋教室は4回目です。全くの初心者の方ですので、前回の復習と「王手と詰みのちがい」「禁じ手」について解説しました。

スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/1121-188202ee