FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9696-12.jpg
DSCF9695-12.jpg
DSCF9692-12.jpg
3月31日(火)午後より、公益社団法人京都市児童館学童連盟「第11回臨時総会」に出席。

会場は二条城前の「ANAクラウンパレス京都」

稲川会長より開会挨拶。

続いて来賓の京都市子ども若者はぐくみ局・担当課長挨拶。

事務局より臨時総会成立の報告も、新型コロナの影響か委任状が多く出席者は16名と少なかったです。

議長選出の後、議案審議。

(1)第1号議案  令和2年度事業計画(案)の議決の件について

(2)第2号議案  令和2年度当初予算(案)の議決の件について

質疑応答の後、2案とも承認されました。

臨時総会終了後、壁純一郎監事と懇談。

二条城の桜は綺麗でしたが、人はまばらの状態です。

スポンサーサイト



DSCF9672-12.jpg
DSCF9644-12.jpg
DSCF9663-12.jpg
DSCF9674-12.jpg
DSCF9673-12.jpg
DSCF9662-12.jpg
DSCF9677-12.jpg
DSCF9678-12.jpg
DSCF9676-12.jpg
DSCF9679-12.jpg
CIMG1191-12.jpg
DSCF9680-12.jpg
DSCF9682-12.jpg
CIMG3597-12.jpg
DSCF9683-12.jpg
CIMG6929-2.jpg
DSCF9667-12.jpg
DSCF9668-12.jpg
DSCF9665-12.jpg
このところ、新型コロナウイルスの影響で将棋教室・大会が延期や中止になり時間が出来たので、将棋関連の整理整頓に取り掛かっております。

書類や写真を整理していると、ついつい懐かしく手を止めて見てしまい、時間がかかってしまいます。

やっと半分ぐらい整理が出来たところです。

その中で、特に印象に残っている写真を掲載します。

2004年6月・・・幼馴染(棋友)との函館競馬、

2005年9月・・・孫3人とのハイキング、

2007年12月・・・紅葉前線2007in京都、

2008年2月・・・第33期棋王戦第1局(佐藤康光棋王VS羽生善治二冠)、

2008年11月・・・京都新聞社主催「新春プロアマ対抗戦」三面指し指導対局(豊島将之四段・稲葉陽四段)、

2009年6月第67期名人戦第6局前夜祭、

2009年12月・・・矢内理絵子女流名人

2010年4月・・・棋道師範伝達式(北川棋道師範、田畑棋道師範)
DSCF9629-12.jpg
DSCF9630-12.jpg
DSCF9634-12.jpg
DSCF9639-12.jpg
DSCF9640-12.jpg
3月25日(水)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋講座」へ折立指導員と出向く。

今回も新型コロナウイルスの影響で、参加人数を心配していましたが、いつもと変わらず10名が受講。

最初に、本日から明日にかけて対局の「第69期王将戦七番勝負第7局」の話題。

続いて藤井聡太七段の話題です。

昨日の王位戦挑戦者決定リーグ白組3回戦の対局に臨み稲葉陽八段に大逆転で勝ち、同リーグ開幕3連勝とした。これにより3年連続の勝率8割以上が確定し初の快挙‼

大盤講座は、第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組・先手・稲葉陽八段VS後手・菅井竜也八段の棋譜を鑑賞。

戦型は後手四間飛車。

序盤はお互いに玉を固く囲い合う。

中盤は先手が2筋突破に対し、後手は7筋の桂頭を狙う。

後手の細い攻めを先手が受ける展開。

終盤は後手「5一桂」の絶妙手から後手がペースをつかみ、先手玉を寄せ切った一局。

続いて、5手詰め詰将棋を出題。

小休止のあと、5面指し指導対局(平手2局・飛車落ち2局・2枚落ち1局)を行う。
今回は5戦、3勝1敗1分けの成績。
3月22日(日)12時30分には告別式会場から東部文化会館にトンボ帰りをして、13時からの日本将棋連盟・京都山科支部役員会にギリギリ間に合いました。
日時 2020年3月22日(日)13時~15時30分
場所 京都市東部文化会館 第3会議室
出席者 小野、折立、阪田、寺村、尾崎、野々村、小森、宮内
議題
1、2020年4月12日(日)9時~17時に「京都市東部文化会館」で予定してる「京都山科支部設立15周年記念将棋交流大会」「懇親会」などの開催についての提言

<決定事項>
議論を重ねた結果、4月12日(日)は、新型コロナウイルスの予防対策を行うとともに、時間短縮(13時~17時)で、トーナメント方式での第27回将棋交流大会として開催する。
敗退者には対局カードによる駒落ち対戦や指導対局で対応する。

なお、京都山科支部設立15周年記念将棋交流大会開催及びプロ棋士を囲んでの懇親会などは、秋(10月予定)に延期する。

2、京都山科支部役員に対し、運営協力費として5,000円/年を支給に改定(毎年2月更新月)・・・全員一致で決定

3、2019年度 会計報告・・・小森会計監査より領収書を監査した結果、間違いないことを認める報告を確認。

4、やましなこども将棋スクールの開催状況、新年度に向けてのテーマ
保護者の為の大盤講座(将棋の歴史、戦法、格言など将棋の面白さを、話題にして「観る将」ファンになってもらう)の開催

プロ棋士、女流棋士との懇親会→棋士・女流棋士と役員との昼食時に、保護者代表を同席してもらう。

5、その他
将棋連盟に対し、支部会員のファミリー割引制度を要望。手帳や支部ニュースは1つでOK.
DSC_0517-12.jpg
DSC_0515-12.jpg
DSCF0328-1_20200323102141278.jpg
DSCF9247-1.jpg
DSCF7046-1.jpg
3月22日(日)11時前にこども将棋スクールを後にして、お世話になった先輩の告別式会場(セレマ鴨川ホール)へ向かう。

1ヶ月ほど前に健建会でお会いし、お元気なご様子でしたので突然の訃報は信じられませんでした。

Y様は、僕にとってDNP現役の時に本当にお世話になった先輩で残念でなりません。

ハワイアン演奏が趣味で色々な所へ「ナレオハワイアンズ」のグループでボランティア活動をされていました。

ナレオハワイアンズの演奏では、西田拓也四段祝賀会(2017年3月・平安ホテル)、ももやま健光園(2018年8月)での演奏が、ついこの間のことのように思い出されます。

合掌

DSCF9613-12.jpg
DSCF9617-12.jpg
DSCF9618-12.jpg
DSCF9616-12.jpg
DSCF9620-12.jpg
DSCF9626-12.jpg
DSCF9623-12.jpg
DSCF9628-12.jpg
DSCF9614-12.jpg
3月22日(日)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において、新型コロナウイルスの予防対策(換気、マスク、アルコール消毒など)を行いながら、「やましなこども将棋スクール(25回目)」開講した。

講師(将棋指導員)は、小野、折立、阪田の3名。受講者は8名。保護者5名。

最初に新年度に向けて、こども将棋スクールのテーマについて、保護者の方に要望等のご意見をお聴きしました。
続いて、こどもたちには挙手で答えてもらいました。

それと、大盤講座で解説するプロ棋士以外の子ども同士の対局や指導員による駒落ち対局の棋譜取りを保護者の方にお願いをしました。

まとめとして、
前半・・・大盤講座(プロ棋士の棋譜と子ども同士・指導員との駒落ち戦の棋譜)、駒落ち講座
     ポイントの局面で「次の一手」「将棋格言」などを織り込んで、分かりやすく、楽しく解説を行う。
後半・・・指導対局、こども同士の対局、詰将棋

その後、本日の大盤解説です。
第31期王位戦挑戦者決定リーグ白組・先手藤井聡太七段VS後手羽生善治九段の棋譜を鑑賞。
後手を投了に追い込んだ藤井七段の鮮やかな寄せ「3四角」が強烈な印象に残った一局でした。

小休止の前に、保護者の方々に事情をお話をして、折立先生、阪田先生に指導対局を依頼。

僕は、こども将棋スクールを後にして、お世話になった先輩の告別式に向かった。
90442241_1276818489178136_4738563827707150336_n.jpg
90721942_2725910094174099_9101642604872728576_n.jpg
DSCF9594-12.jpg
DSCF9596-12.jpg
DSCF9603-12.jpg
DSCF9608-12.jpg
DSCF9610-12.jpg
DSCF9611-12.jpg
DSCF9612-12.jpg
90438046_868863960231271_962907461327519744_n.jpg
3月21日(土)午後からは当初の予定通り、山科・小野将棋教室を開講。

今日はフェイスブック友達の高見澤勝利さんが、遠路愛知県刈谷市から小野教室の見学に来られました。

昨年4月に山科中央老人福祉センター将棋教室に来られて以来の再会です。

受講者は普段通りの15名。

新型コロナウイルス感染防止対策としては、アルコール消毒スプレーを用意と窓を開けての換気です。

大盤講座は、第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組・先手・稲葉陽八段VS後手・菅井竜也八段の棋譜を鑑賞。

戦型は先手居飛車に対し後手四間飛車。

序盤はお互いに玉を固く囲い合う。

中盤は先手が2筋突破に対し、後手は7筋の桂頭を狙う。

後手の細い攻めを先手が受ける展開。

終盤は後手「5一桂」の絶妙手から後手がペースをつかみ、先手玉を寄せ切った一局。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

<高見澤先生>

1部・・・石橋5級に6枚落ち、大岡3級・小川2級に4枚落ちでの指導。

2部・・・宗清1級・下野1級に2落ちでの指導。

<小野先生>

1部・・・隠岐7級に6枚落ちでの指導。

2部・・・服部悠介4級・服部篤志4級に4枚落ちでの指導。

高見澤先生、5名のこども達に指導対局をして頂き、ありがとうございました。御礼申し上げます。

<昇級記録>
山下貴之5級→4級(9勝2敗)
山下唯13級→12級(3連勝)
DSCF9591-12.jpg
DSCF9580-12.jpg
DSCF9581-12.jpg
DSCF9585-12.jpg
DSCF9587-12.jpg
DSCF9589-12.jpg
DSCF9593-12.jpg
3月19日(木)午後からは、3月にオープンされた日本将棋連盟京都城南支部・千葉支部長(京都府連副会長)の将棋教室を、廣田会長、折立副支部長と共に訪問。

将棋教室見学の前に、京都府連としての打合せです。

教室は本格的な棋具に加え、素晴らしい環境での対局場は感動しました。

また、奥様手作りの駒袋は、タイトル戦にも使える立派なもので素晴らしかったです。

子ども達と対局も出来、楽しいひとときでした。

今後のご発展を祈念しております。
DSC_0504.jpg
DSC_0508.jpg
DSC_0505.jpg
DSC_0506.jpg
3月16日(月)は、1日遅れの誕生日祝に「にぎり長次郎」に行きました。

新型コロナウイルスの影響なのか、いつもと様子が違い回転寿司が開店休業。

すべて注文方式になっていました。

ネタは新鮮で美味しかったです。
3月15日(日)は巖ちゃんの77回目の誕生日。

喜寿を迎えました。

今年は新型コロナウイルスの影響で将棋教室・大会が延期や中止になり時間が出来たので、将棋関連の整理整頓に取り掛かっております。

こんなときだからこそ、笑顔を絶やさず「ほっと」出来るひとときを大切に、一日一日を過ごしたいですね。

今日から始まる新たな1年のスタートに向けて、健康に留意して自分の時間を楽しみながら、盤寿を目標に将棋普及活動を続けていきます。

みなさまのご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

また、多くの方々からお誕生日の御祝メッセージを頂きました。ありがとうございます。
DSCF0928-12.jpg
3月14日(土)は、どうぶつ将棋の指導でご縁を頂いた「若林保育園」理事会に出向く。
理事6名・監事2名全員が出席。

<審議事項>
第1号議案  令和2年度 事業計画(案)
第2号議案  令和2年度 資金収支予算(案)
第3号議案  評議員候補者(案)
全員一致で承認。

<報告事項>
令和元年度 アンケート調査結果
指導監査報告

開園40年目。「保育の質の向上」について、様々なディスカッションの場を設け、子どもたちがより安心して過ごせる環境の整備に加え、保護者からの記述式アンケート調査集計(保育について・行事について・その他)を踏まえて、保育園の運営に活かしていく、きめ細かな対応が素晴らしいと感じました。
DSCF9546-12.jpg
DSCF9547-12.jpg
DSCF9541-12.jpg
3月13日(金)午後より、公益社団法人京都市児童館学童連盟「第48回理事会」に外部理事として出席。

会場は「京都テルサ・東館3階会議室」

稲川会長あいさつのあと、事務局より理事会成立の報告。

議事は、事務局より説明のあと質疑応答。

(1)第1号議案  令和2年度事業計画(案)の議決の件について

(2)第2号議案  令和2年度当初予算(案)の議決の件について

質疑応答では、外部理事として質問を行う。

第1号議案について、児童の健全育成・子育て支援事業の中に「京都子ども将棋交流大会」が含まれることを確認した。

続いて、報告協議事項

(1)第17回全国児童館・児童クラブ京都大会実行委員会等について
(2)新型コロナウイルス感染症拡大防止対応をめぐる状況について
(3)令和2年度京都市予算要望に対する回答について

理事会終了後、久しぶりに壁純一郎監事と懇談。
DSC_0489-12.jpg
DSC_0491-12.jpg
DSC_0494-12.jpg
DSC_0496-12.jpg
DSC_0498-12.jpg
DSC_0499-12.jpg
DSC_0497-12.jpg
DSC_0500-12.jpg
3月12日(木)は、孫へのホワイトデーのお返しを選びに高島屋に出向く。

デパートの中は、普段と変わらない様子でした。

その後、久しぶりに四条通りから花遊小路、新京極を散策。

新京極では修学旅行生が居ないことと、ドラッグストアが向同士で営業しているなど4店舗もあったこと。

ほかにも、新しい店舗(大起水産や寛永堂など)の進出が目に付き、様変わりしていて驚きました。

人の流れは普段より少なく、マスクをしている人としていない人の割合は、ほぼ半々でした。

早く活気を取り戻してほしいですね。
DSCF9535-12.jpg
DSCF9536-12.jpg
DSCF9537-12.jpg
DSCF9538-12.jpg
DSCF9540-12.jpg
DSCF9529-12.jpg
DSCF9531-12_2020030909442419a.jpg
DSCF9532-12.jpg
DSCF9533-12.jpg
DSCF9534-12.jpg
3月8日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第188回将棋教室。

会場は「京都市東部文化会館」。

新型コロナウイルスの影響に加え、足元の悪い中、どれだけ参加されるかを心配しておりました。

ありがたいことに、普段とほとんど変わらない40名(大人19名、こども21名)の方々が参加。

京都山科支部会員に山下貴之さん、唯ちゃん、大仲さん、今村さん、綿谷さん、岩橋君が新規入会。体験受講として笠井君。

お陰様で今回も100名支部を継続することが出来ました。

最初に連絡・報告事項。

1、新型コロナウイルスの影響によりいろんなイベント開催が中止になっていますが、京都山科支部は会場の京都市東部文化会館が休館に追い込まれない限り、将棋教室は予定通り続けていきたいと考えております。

予防対策として、入口に設置されているアルコール消毒の利用、将棋会場の適時な換気に心掛けます。

この時期、重要なことは、規則正しい生活(十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動、ストレス回避)に心掛けて免疫力を保ち、自分の身体は自分で守る姿勢が一番必要と思います。

2、京都山科支部の今後のスケジュール

京都山科支部設立15周年記念将棋交流大会・・・4月12日(日)9時~17時、懇親会・17時~19時

やましなこども将棋スクール・・3月22日(日)9時30分~12時、4月26日(日))9時30分~12時

3、京都府支部連合会の今後のイベント・・・折立副支部長(京都府連副会長)

女流アマ竜王戦・第2回こども竜王戦・・・4月29日(水・祝)10時受付開始、会場・御室仁和寺

第49回京都少年王将戦・・・5月5日(火・祝)9時30分開始、会場・ひと・まち交流館京都

第33回ねんりんピック岐阜2020将棋交流大会・・・5月5日(火・祝)9時30分開始、会場・ひと・まち交流館京都

第78期名人戦第3局「全国一斉大盤解説会」・・・5月8日(金)13時30分~終局、会場・ひと・まち交流館京都

第33回アマチュア竜王戦京都府大会・・・5月24日(日)9時30分開始、会場・ひと・まち交流館京都

4、将棋大会申込受付・・・阪田幹事長

その後は、対局カードによる駒落ち対戦と.並行して指導対局。

<昇級記録>・・・4名
南野煌太3級→2級(6連勝)
黒川英寛4級→3級(6連勝)
紫尾田崇生9級→8級(4連勝)
土谷知暉11級→10級(3連勝)
DSCF9520-12.jpg
DSCF9522-12.jpg
DSCF9523-12.jpg
DSCF9525-12.jpg
DSCF9526-12.jpg
DSCF9528-12.jpg
3月7日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

いろんなイベントが中止、中止のなか、元気を出していただくため、山科・小野将棋教室を当初の予定通り開講。

ほぼ普段通りの11名が受講。それと、今日は新濱君がお母さんと体験に来てくれました。

新型コロナウイルス感染防止対策としては、アルコール消毒スプレーを用意と適時、窓を開けて換気に心掛けました。

大盤講座は、第31期王位戦挑戦者決定リーグ白組・先手・藤井聡太七段VS後手・羽生善治九段の棋譜を鑑賞。

戦型は角換わり腰掛銀。

序盤は先手が「4五桂」と跳ねて開戦。

中盤では後手が8筋の歩を交換するも銀を繰り出し逆用。

終盤は先手が飛車を取り「7二飛」と打った手が詰めろになっていたことは驚きです。

先手の「3四角」で後手が投了。藤井七段の会心譜でした。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は新濱15級に6枚落ちでの指導。

2部は宗清1級に飛車落ちでの指導。

<昇級記録>
大岡4級→3級(6蓮勝)
DSC_0484.jpg
DSC_0485.jpg
3月5日(木)午前中に東部文化会館へ出向く。

8日(日)午後に東部文化会館において「第188回日本将棋連盟京都山科支部将棋教室」を開催するため、会場使用状況の確認をしてきました。

本日の催し物案内の表示が出ており、ホールの使用が相次いで中止されています。

この時期はホールの使用が頻繁で人人人で一杯なのですが、今日は今までと打って変わって静かな環境でした。

うがい・手洗い・マスクも必要ですが、一番肝心なことは、いつも以上に規則正しい生活(栄養のある食事・十分な睡眠・適度な運動・ストレス回避)に心掛け、コロナウイルス、インフルエンザなどを寄せ付けない免疫力をつけることが重要です。

いろんなイベントが中止、中止のなか、元気を出していただくため、京都山科支部将棋教室および山科・小野将棋教室(自宅教室)は当初の予定通り、開講を続けることといたしましたので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
DSCF9498-12.jpg
DSCF9500-12.jpg
DSCF9501-12.jpg
DSCF9502-12.jpg
DSCF9509-12.jpg
DSCF9510-12.jpg
DSCF9515-12.jpg
DSCF9517-12.jpg
3月2日(月)15時からは大宅こども将棋教室「2019年度後期最終日(15回目)」。

最終日に当たり、対局の後に「お楽しみ抽選会」を企画。全員に賞品を進呈。

大盤講座は1部、2部とも詰将棋問題を出題。

講座を早く終わり、指導対局と自由対局。

最後は、お待ちかねのお楽しみ抽選会です。

1番くじを引き当てました・・唯ちゃん、おめでとう!

将棋教室終了後、福山先生と夕食懇親会。

今期の問題点を話し合い、来期の指導方針を確認し合う。

なお、2020年度前期の開講は、5月下旬から9月中旬までの15回講座を予定しています。