FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9494-12.jpg
DSCF9495-12.jpg
DSCF9496-12.jpg
2月28日(金)午後からは本年度最後のノートルダム学院小学校将棋クラブ。

最初に、2月23日(日)に開催した「第45回小学生将棋名人戦京都府大会」に初出場した3名に感想を話してもらった。

その後、健闘を称えささやかな記念品(将棋消しゴム)を進呈。

将棋大会へ出場した経験を糧にして、1年後の目標を掲げて将棋に取り組んでもらいたいです。

今日の大盤講座は「王の囲い方(矢倉囲い・美濃囲い・高美濃囲い・銀冠・雁木囲い・舟囲い)」の手順の解説。

続いて、3手詰め詰将棋問題を次々と出題し早解き競争。

講座終了後、自由対局と6面指し(平手)での指導対局を行う。
スポンサーサイト



DSCF9489-12.jpg
DSCF9490-12.jpg
2月27日(木)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋講座」へ折立指導員と出向く。

今日は新型コロナウイルスの影響で、参加人数を心配していましたが、いつもと変わらず10名が受講。

最初に「将棋界の一番長い日」本日のA級順位戦の話題。

続いて、折田翔吾アマが棋士編入試験を合格!された話題。

大盤講座は、第69期王将戦七番勝負第3局・先手・渡辺明王将VS後手・広瀬章人八段の棋譜を鑑賞。

戦型は角換わりの早繰り銀。
「棋譜」と「将棋の格言」を配布して大盤講座の進行の中で格言が出てくれば、その都度、格言の意味を解説。
見ごたえのある将棋に加えて、15の将棋格言を交えての解説は好評でした。
結果は、逆転模様で渡辺王将が勝利。続いて、7手詰め詰将棋を出題。
小休止のあと、5面指し指導対局(平手・飛車落ち2局・2枚落ち2局)を行う。
今回は5戦、4勝1敗の成績。
DSCF9481-12.jpg
DSCF9483-12.jpg
DSCF9485-12.jpg
DSCF9486-12.jpg
2月26日(水)は、本年度最後の大宅小学校将棋部・部活動。

大盤講座は初級者向けの「受けの基本」

上達には、受けの大切さを知ることが必要。

駒がぶつかったとき(取る、逃げる)・成りを防ぐ・数で受ける・守備力の高い「金」・王を安全地帯に移動させる(王の早逃げ)などを解説。

解説の合間に問題を出題し、正確な符号で答えるように話す。

講座終了後は、2面指し(8枚落ち)指導対局と自由対局。

最後に「将棋消しゴム」を記念に進呈。
DSCF9473-12.jpg
DSCF9472-12.jpg
DSCF9480-12.jpg
DSCF9479-12.jpg
2月25日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座&初めての将棋教室」。

今日は新型コロナウイルスの影響で外出を控えておられる方が多くあり、参加者がいつもの半数ぐらいと少なかったです。

大盤講座は、第69期王将戦七番勝負第3局・先手・渡辺明王将VS後手・広瀬章人八段の棋譜を鑑賞。

戦型は角換わりの早繰り銀。

随所に「将棋の格言」が出てくる局面があり、その都度、格言の意味を解説。

この将棋の中で15の将棋格言が当てはまりました。

見ごたえのある将棋で大変に勉強になりました。

結果は、逆転模様で渡辺王将が勝利。

続いて、7手詰め詰将棋を出題。

大盤を終了後、初めての将棋教室(6ヶ月講座)。

女性4名が休むことなく受講されているのは、素晴らしいことです。

講座は「千日手・持将棋」「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」の解説。
DSCF9403-12.jpg
DSCF9404-12.jpg
DSCF9406-12.jpg
DSCF9408-12.jpg
DSCF9409-12.jpg
DSCF9416-12.jpg
DSCF9417-12.jpg
DSCF9419-12.jpg
DSCF9423-12.jpg
DSCF9431-12.jpg
DSCF9434-12.jpg
DSCF9451-12.jpg
DSCF9452-12.jpg
DSCF9458-12.jpg
DSCF9460-12.jpg
DSCF9462-12.jpg
DSCF9463-12.jpg
DSCF9464-12.jpg
DSCF9465-12.jpg
DSCF9466-12.jpg
2月24日(月・祝)は天気が良かったので、王朝の雅を偲ばせる曲水の宴で有名な城南宮に行ってきました。

神苑の花の庭には「枝垂れ梅」が満開。

誰の思いも一緒で、人人人の行列。

青空と紅白の枝垂れ梅とのコントラストが見事でした。

神苑は広くて見ごたえがあり、出向いた甲斐がありました。

帰りは城南宮から中書島にある「月桂冠大倉記念館」に足を伸ばし帰宅。



DSCF9359-12.jpg
DSCF9365-12.jpg
DSCF9367-12.jpg
DSCF9372-12.jpg
DSCF9370-12.jpg
DSCF9374-12.jpg
DSCF9380-12.jpg
DSCF9384-12.jpg
DSCF9391-12.jpg
DSCF9385-12.jpg
2月23日(日)は、日本将棋連盟 京都府支部連合会主催の将棋大会「さなる杯 第45回小学生将棋名人戦京都府大会」を「ひと・まち交流館京都」において開催されました。

今回も全国大会に繋がる代表選抜戦と交流戦の2クラスです。

運営役員は、京都府連・廣田会長他8名。

審判・指導対局に西田拓也四段。

僕は棋道師範として指導対局(2面指しで平手から6枚落ち)を担当。

参加者は代表選抜戦25名、交流戦55名、1月19日に舞鶴で開催された京都府北部地区予選参加者30名を加えると110名。

会場には新型コロナウイルス感染予防および拡散防止対策の為、アルコール手指消毒液を設置。

午後からは本大会に招待された「京都府北部地区代表選手2名」が決勝トーナメント戦に出場。

代表選抜戦、交流戦ともスムーズな進行で15時過ぎには表彰式を終了。

結果
<代表選抜戦>
優勝・・・・粂 聡一郎 ・・・京都府代表として西日本大会出場(3/7~3/8)
準優勝・・元井 遼
三位・・・・柏本凌汰
三位・・・・平井湧真(京都山科支部)

<交流戦>
優勝・・・・・南野煌太(京都山科支部)
準優勝・・・小山陽輝
三位・・・・・奥村隆太
三位・・・・・藤原和真
DSCF9352-12.jpg
DSCF9353-12.jpg
DSCF9355-12.jpg
2月22日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第33期竜王戦1組ランキング戦・先手・永瀬拓矢二冠VS後手・久保利明九段の棋譜を鑑賞。

戦型は先手居飛車穴熊に対し、後手は三間飛車から美濃囲い。

中盤では、久保九段特有の飛車の捌きが素晴らしく、終盤では9筋の攻防を制し穴熊を崩壊。

先手を投了に追い込んだ一局。久保九段の会心譜でした。

振り飛車党にはたいへんに勉強になりました。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は大岡4級・土田10級・杉田15級に6枚落ちでの指導。

2部は、明日開催の「小学生将棋名人戦京都府大会」に備えて4面指しで、木村二段・宗清1級・下野1級・服部4級に平手での指導。

<昇級記録>
土谷10級→9級(4勝1敗)
DSCF9332-12.jpg
DSCF9331-12.jpg
DSCF9335-12.jpg
DSCF9336-12.jpg
DSCF9337-12.jpg
DSCF9338-12.jpg
DSCF9342-12.jpg
DSCF9344-12.jpg
DSCF9346-12.jpg
DSCF9348-12.jpg
2月22日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

今日は、第8回京都子ども将棋交流大会開催中止を受けて、児童館の計らいで将棋教室をゆとりを持って2か所で開催し、換気にも心掛けました。

29日の将棋大会を楽しみにしていた子ども達には「開催中止のお知らせ」を配布し説明。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。阪田先生による4面指し実戦指導。対局手合いは野々村先生。

対局終了後、明日開催の「小学生将棋名人戦京都府大会」は「ひとまち交流館京都」で予定通り行うことを徹底。

<昇段・昇級記録>・・・6名
下野二段→三段(12勝2敗)
石橋6級→5級(8勝2敗)
紫尾田9級→8級(4連勝)→7級(4連勝)
前野8級→7級(4蓮勝)
前田16級→15級(3連勝)
井上17級→16級(3連勝)→15級(3連勝)
2月29日(土)佛教大学紫野キャンパス鷹陵館メインホールで開催予定していた「第8回京都子ども将棋交流大会」は、主催者・運営関係者が検討を重ねた結果、開催中止の苦渋の決断を下しました。

なお、2月 23日(日)「ひとまち交流館京都」で開催の「小学生将棋名人戦京都府大会」は予定通り行います。
DSCF9350-12.jpg
DSCF9326-12.jpg
DSCF9327-12.jpg
DSCF9328-12.jpg
DSCF9329-12.jpg
DSCF9330-12.jpg
2月21日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブ。

最初に、2月23日(日)「ひとまち交流館」での「第45回小学生将棋名人戦京都府大会」は予定通り開催することを話す。

今日の大盤講座は「王の囲い方」と「一手必至」問題。

序盤は、駒損をしないようにして「飛車と反対側に、金・銀3枚で王を囲う」ことを強調。

講座終了後、将棋大会出場者4名には対局時計の使い方を説明するとともに、5面指し(平手)での指導対局を行う。

将棋大会初出場ですので、当日は対局マナーを守り、楽しんで将棋を指すように言いました。
DSC_0448.jpg
DSC_0449.jpg
2月20日(木)午前中は、京都府連理事会議に棋道師範の立場で出席。

議題は、23日(日)に「ひとまち交流館京都」で開催の小学生将棋名人戦京都府大会についての打合せ、抽選、役割分担のほか、29日の京都子ども将棋交流大会、

ふたば書房杯将棋大会(3/20)、女流アマ竜王戦・こども竜王戦(4/29)、倉敷王将戦・ねんりんピック将棋交流(5/5)、名人戦大盤解説会(5/8)などの確認。

新型コロナウイルスの動向が気がかりです。

午後からは、京都府連三役(会長・副会長)と共に足立病院へ向かう。
4月29日仁和寺で開催の女流アマ竜王戦の打合せです。
その後、近くのフランス料理店「ビストロ ヴァプール 烏丸御池」で昼食。
DSCF9318-12.jpg
DSCF9314-12.jpg
DSCF9321-12.jpg
DSC_0446-12.jpg
DSC_0447-12.jpg
2月18日(火)久しぶりに話題の映画「パラサイト・半地下の家族」を観に行きました。

将棋で例えると、序盤から中盤までは大筋が予測できましたが、終盤では予測外の展開で収束した一局。

最初から飽きさせない工夫が感じられ、最後に思いがけない意外性があり、引き込まれる作品と感じました。

夕食は「木曽路」に行きました。

今日から3日間、恒例の、しゃぶしゃぶ祭り。

美味しかったです。
DSCF9304-12.jpg
DSCF9306-12.jpg
DSCF9308-12.jpg
DSCF9311-12.jpg
DSCF9313-12.jpg
2月17日(月)15時からは大宅こども将棋教室。

大盤講座1部は福山先生が担当。「どのマスに金を打てば詰みになりますか?」の問題を出題。

2部では「将棋の格言・・・金銀の格言」問題を出題し意味が分かるように例題をもとに解説。

実戦の局面で思い出してもらいたいです。

「金底の歩岩より固し」「金は引く手に好手あり」

「金は斜めに誘え」「金なし将棋に受け手なし」

「金はとどめに残せ」「銀は千鳥に使え」

「桂頭の銀定跡なり」「歩越し銀には歩で受けよ」

「壁銀は直せ」「玉の腹から銀を打て」「王の守りは金銀3枚」「攻めは飛車、角、銀、桂」など。

その後は指導対局と自由対局。

終了後の挨拶では、2/29(土)第8回京都子ども将棋交流大会に出場するこども達に、禁じ手に注意して、自分の持てる力を充分に発揮するように激励しました。
標記の件、京都山科支部設立15周年記念事業として下記の通りご案内申し上げます。支部会員の皆様方におかれましては、万障繰り合わせの上、ご参加を頂きますようお願い申し上げます。

                 記
 日時  2020年4月12日(日) 午前9時~午後5時
* 日本将棋連盟プロ棋士2名(森信雄七段、藤井奈々女流1級)をお招きして、指導対局を企画。
* A級(有段者)・B級(級位者)に分かれて駒割り規定による対局。
* 予選リーグは、4人一組で2勝通過、2敗失格とする。
* 決勝トーナメント戦は、対局時計を使用する。A級は予選リーグより使用する。
* 参加費・・・500円(なお、昼食弁当を希望される方は、別途、500円です。)
* 優勝・準優勝・三位には、表彰状・賞品を授与。その他詳細は当日発表。
* お楽しみ抽選会による賞品などを企画。

昼食弁当の有無を明確にして、4月8日(火)までに小野に申し込み願います。

場所 「京都市東部文化会館」(地下鉄東西線椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
  電話(075)502-1012 第一・第二・第三会議室(会議室内は、禁煙です)

・懇親会・・・2020年4月12日(日)午後5時~7時
 将棋教室終了後、支部会員有志でプロ棋士を囲んでの「懇親会」をいす席で予定しています。 
会費・4,000円  場所・源ぺい 山科東野店 電話(075)593-1031
 参加希望者は、4月8日(火)までに、小野まで会費を添えて申込み願います。


公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋 棋道師範・五段  
日本将棋連盟・京都山科支部 支部長  小野 巖
電話 075-581-7304 ・ 携帯 090-1815-6018
E-mail : iwao-ono@syd.odn.ne.jp
巖ちゃんの将棋道場 http://www2.odn.ne.jp/iwao/
DSCF9294-12.jpg
DSCF9295-12.jpg
DSCF9296-12.jpg
DSCF9300-12.jpg
DSCF9301-12.jpg
DSCF9303-12.jpg
2月15日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第69期王将戦七番勝負第3局・先手・渡辺明王将VS後手・広瀬章人八段の棋譜を鑑賞。

戦型は角換わりの早繰り銀。

随所に「将棋の格言」が出てくる局面が多くあり、見ごたえのある将棋で大変に勉強になりました。

結果は、逆転模様で渡辺王将が勝利。通算成績を2勝1敗としました。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は山下5級に4枚落ち、杉田15級に6枚落ちでの指導。

2部は木村二段に角落ち、服部4級に4枚落ちでの指導。
DSCF9280-12.jpg
DSCF9277-12.jpg
DSCF9276-12.jpg
DSCF9281-12.jpg
DSCF9282-12.jpg
DSCF9283-12.jpg
DSCF9284-12.jpg
DSCF9285-12.jpg
DSCF9287-12.jpg
DSCF9290-12.jpg
2月15日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

大盤講座のテーマは「受けの基本」、上級者も復習のつもりで勉強しましょう。

駒がぶつかったとき(取ることから考える)・成りを防ぐ・逃げる・数で受ける(攻めの数と同数で受ける)・守備力の高い金で王を守る・王を安全地帯に移動させるなどを解説。

解説の合間に問題を出題し、正確な符号で答えるように話す。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。初級者3名に野々村先生による実戦指導。対局手合いは阪田先生。

対局終了後、初形に戻し駒の確認を徹底するように再度指導。

<昇級記録>・・・5名
黒川2級→1級(6連勝)
紫尾田10級→9級(3連勝)
齋藤13級→12級(4勝1敗)
伊藤14級→13級(3連勝)
井上18級→17級(3連勝)
やましなこども将棋スクールのご案内
日時
  2020年3月22日(日)午前9時30分~12時…第25回 
なお、第26回以降の開講日は決まり次第「巖ちゃんの将棋道場・日記欄」に掲載。

会場  京都市東部文化会館・第2会議室・・地下鉄東西線「椥辻」駅下車北7分
会費  小・中学生 1回受講  一般 1,000円・山科支部会員800円(当日持参) 
募集定員  20名(参加人数確認の為、事前に申し込み願います)
指導員    日本将棋連盟公認 棋道師範・五段 小野 巖
        日本将棋連盟公認 棋道指導員・五段 折立冨美男
       日本将棋連盟公認 将棋指導員・四段 阪田 進

問合せ先 日本将棋連盟京都山科支部 支部長 小野 巖 TEL 090-1815-6018
E-mail: iwao-ono@syd.odn.ne.jp 巖ちゃんの将棋道場 http://www2.odn.ne.jp/iwao/
日本将棋連盟・京都山科支部の将棋教室を、下記の通りご案内申し上げます。
万障繰り合わせの上、参加いただきますようお願い致します。
           記                     
日時  2020年3月8日(日) 午後1時~5時・・・188回将棋教室

場所  「京都市東部文化会館」 第1・第2・第3会議室
(地下鉄東西線 椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)電話075-502-1012

体験受講(500円)に来られる折には、事前にご連絡をお願いいたします。

公益社団法人日本将棋連盟公認 将棋 棋道師範・五段
日本将棋連盟 京都山科支部 支部長 小野 巖
電話075-581-7304・携帯090-1815-6018
E-mail: iwao-ono@syd.odn.ne.jp
DSCF9256-12.jpg
DSCF9258-12.jpg
DSCF9261-12.jpg
DSCF9264-12.jpg
DSCF9265-12.jpg
DSCF9267-12.jpg
DSCF9268-12.jpg
DSCF9269-12.jpg
DSCF9271-12.jpg
2月13日(水)は、令和元年分確定申告書を提出に東山税務署に出向く。

多くの方が並んでいましたが、提出のみであれば、すぐに受付けをして頂き、ラッキーでした。

続いて、近くの「稱名寺」に祀られている小学校の同級生で幼馴染の誠ちゃんのお墓参りに行きました。

忘れもしません、2008年2月13日、雪がちらつく宝が池の「グランドプリンスホテル京都」で開催された「第33期棋王戦5番勝負第1局(羽生善治二冠VS佐藤康光棋王)」の打上げ懇親会が終了後、提供した将棋盤を抱えた帰りのタクシーの中で訃報を聞きました。

今日が13回忌(12年目の祥月命日)です。

墓前では、塔婆と共に「誠」の将棋駒をお供えし、昔の思い出に浸っていました。

その後、五条坂近辺は、子どもの頃によく遊んだ思い出があり、同級生の陶器店「竹虎堂」をのぞき、本庄君と昔話や将棋交流、新型肺炎関連の話。外国のお客さんが激減していると言ってました。

最後に、子どもの頃、神社の池でザリガニ釣りをしていた懐かしい若宮八幡宮(陶器神社)に参拝。

タイムスリップしたひとときでした。
DSCF9245-12.jpg
DSCF9247-12.jpg
DSCF9248-12.jpg
DSCF9250-12.jpg
DSCF9253-12.jpg
DSCF9252-12.jpg
2月12日(水)15時20分~16時30分は、大宅小学校将棋部・部活動。

今回の大盤講座は初級者向けの「攻めの基本」

攻撃の中心は飛車。銀を進出するには歩を突く・数の攻め・終盤での「と金」攻めなどを解説。

解説の合間に問題を出題し、正確な符号で答えるように話す。

講座終了後は、3面指し(8枚落ち・6枚落ち・6枚落ち)指導対局と自由対局。
image124.jpg
image115.jpg
image128.jpg
image131.jpg
DSCF9205-12.jpg
DSCF9215-12.jpg
DSCF9220-12.jpg
DSCF9223-12.jpg
DSCF9228-12_202002111530327d4.jpg
DSCF9229-12.jpg
DSCF9233-12.jpg
DSCF9232-12.jpg
DSCF9235-12.jpg
DSCF9240-12.jpg
DSCF9242-12.jpg
DSCF9243-12.jpg
DSCF9244-12.jpg
2月11日(火・祝)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」24回目の開講日。

講師(将棋指導員)は、小野、折立、阪田の3名。受講者は11名。保護者8名。

最初に保護者の方に「観る将」の知識をもって頂くために、現在進行中の将棋タイトル戦、将棋の戦法についてのお話をしました。

続いて折立先生より将棋の戦法についての詳細を大盤で解説。

特に、こども向けの「しょうぎ動物園」が好評。

ネコ式タテ歩取り・ヒラメ・レグスベ・鳥刺し・スズメ刺し・つくつくぼうし・穴熊・カニカニ銀・カニカニ金・カメレオン戦法・アヒル戦法を紹介。

小休止のあと、講師による3面指し指導対局および初級講座。
DSCF9188-12.jpg
DSCF9186-12.jpg
DSCF9192-12.jpg
DSCF9201-12.jpg
DSCF9202-12.jpg
2月10日(月)15時からは大宅こども将棋教室。

大盤講座1部は福山先生が担当。「王手をかけられるマスはどこですか?」の問題を出題。

2部では「将棋の格言・・・飛角の格言」問題を出題し意味が分かるように例題をもとに解説。

実戦で活用してもらいたいです。

「飛車は十字に使え」「飛車先の交換三つの得あり」

「王と飛車は反対の位置へ」「馬は自陣に龍は敵陣に」

「大駒は離して打て」「大駒は近づけて受けよ」

「序盤は飛車より角」「遠見の角に好手あり」など。

その後は指導対局と自由対局。
DSCF9172-12.jpg
DSCF9174-12.jpg
DSCF9175-12.jpg
DSCF9180-12.jpg
DSCF9184-12.jpg
DSCF9182-12.jpg
2月9日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第187回将棋教室。

会場は「京都市東部文化会館」。

43名(大人27名、こども16名)が参加。

体験受講として大西正高さんが参加。山科支部会員に入会。

最初に連絡・報告事項。

1、京都山科支部設立15周年記念将棋交流大会・・・2020年4月12日(日)に予定、詳細は後日。

2、武田明夜さん・・・「全国高校将棋新人大会ベスト8」の朗報‼

3、第45回小学生将棋名人戦京都府大会の案内、申込最終受付。2月23日(日)9時30分、ひと・まち交流館京都

4、第8回京都子ども将棋交流大会(2/29・佛教大学紫野キャンパス)・・・運営ボランティアとして中高生を募集。

5、京都 山科支部更新手続き、新規入会手続のお願い。

その後は、対局カードによる駒落ち対戦と.並行して指導対局。

<昇級記録>・・・4名
下野誠太朗2級→1級(6連勝)
小山知輝7級→6級(8勝2敗)
紫尾田崇生10級→9級(3連勝)
土谷知暉12級→11級(3連勝)
                    
京都山科支部所属の武田明夜さんが「全国高校将棋新人大会ベスト8」の朗報‼

将棋を続けることの大変さを克服して、よく頑張りましたね。

実績を残したことは素晴らしいです。おめでとうございます!

これからも「継続は力なり」をモットーに将棋に携わってもらいたいです。
DSCF9154-12.jpg
DSCF9156-12.jpg
DSCF9159-12.jpg
DSCF9160-12.jpg
DSCF9161-12.jpg
DSCF9162-12.jpg
DSCF9163-12.jpg
DSCF9164-12.jpg
DSCF9165-12.jpg
2月8日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

最初に第45回小学生将棋名人戦京都府大会(日時・・2月23日9時30分、会場・・ひとまち交流館京都)の最終案内。

今回の大盤講座は初級者対象。上級者も復習のつもりで聞いてください。

テーマは「攻めの基本」

攻撃の中心は飛車。銀を進出するには歩を突く・数の攻め・終盤での「と金」攻めなどを解説。

解説の合間に問題を出題し、正確な符号で答えるように話す。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。初級者3名に阪田先生による実戦指導。対局手合いは野々村先生。

対局終了後、初形に戻し駒の確認を徹底するように指導。

<昇級記録>・・・5名
高畑初段→二段(8連勝)
青木9級→8級(4連勝)
紫尾田12級→11級(3連勝)→10級(3連勝)
齋藤14級→13級(3連勝)
前田17級→16級(3連勝)
DSCF9151-12.jpg
DSCF9152-12.jpg
DSCF9153-12.jpg
2月7日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブへ出向く。

今回も初級者を対象とした大盤講座です。

テーマは「受けの基本」

早く勝ちたい気持ちから「攻め」の方にばかり意識が向いてしまいがちですが、上達には「受け」の大切さを知る必要があります。

「駒がぶつかったとき・取る」「成りを防ぐ」「早逃げ」「数で受ける」

解説の合間に問題を出題し、正確な符号で答えるように話す。

「攻め」か「受け」の局面かを、正しく判断することが勝敗の分かれ道になります。

講座終了後は、5面指し(平手4局、6枚落ち1局)での指導対局を行う。

今回、小学生将棋名人戦京都府大会に申し込みをしてくれた4名に平手での対局。
対局後、駒の損得に敏感になることと、玉を囲うことを指導。
対局終了後は、初形に戻し駒を確認してから駒箱に仕舞う。
DSCF9104-12.jpg
DSCF9048-12.jpg
DSCF9049-12.jpg
DSCF9050-12.jpg
DSCF9058-12.jpg
DSCF9083-12.jpg
DSCF9084-12.jpg
DSCF9141-12.jpg
DSCF9136-12.jpg
DSCF9086-12.jpg
DSCF9114-12.jpg
DSCF9116-12.jpg
DSCF9107-12.jpg
DSCF9147-12.jpg
DSCF9149-12.jpg
DSCF9150-12.jpg
2月5日(水)~6日(木)大江戸物語 箕面観光ホテル・箕面温泉スパーガーデンに行って来ました。

阪急箕面駅から徒歩5分と便利です。

入り口はエレベーターに乗って一気にフロントまで直行。

部屋は、なんとグレードアップのサービスでした。市街が眺望できる素晴らしい広い部屋(4人部屋)で開放感がありました。

湯はお肌ツルツルの天然温泉。

スパーガーデンでは、お芝居、舞踊、歌謡ショー、落語、漫才と堪能しました。

独特の雰囲気があり「追っかけ」ファンの熱狂振りがすごかったです。

合間に、特設舞台でカラオケを歌わせてもらい楽しかったです。
DSCF9031-12.jpg
DSCF9033-12.jpg
DSCF9036-12.jpg
DSCF9037-12.jpg
2月3日(月)15時からは大宅こども将棋教室。

大盤講座1部は「駒の価値が高い順」に並べる問題、「取れる駒が二つある場合どちらを取るか」の問題をプリントで出題。

2部では「将棋の格言・・・王の格言」問題を出題し意味が分かるように例題で解説。

実戦で活用してもらいたいです。

「王は包むように寄せよ」「王手は追う手」「王は下段に落とせ」「中段玉は寄せにくし」

「桂頭の玉寄せにくし」「王の腹から銀を打て」「端玉には端歩」「居玉は避けよ」「王の早逃げ八手の得」

その後は指導対局と自由対局。