FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

P_20200118_1521021_vHDR_Auto.jpg
P_20200118_1521261_vHDR_Auto.jpg
DSCF8760-12.jpg
DSCF8761-12.jpg
DSCF8763-12.jpg
DSCF8766-12.jpg
P_20200118_150908_vHDR_Auto_HP.jpg
DSCF8768-12.jpg
1月18日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

今日は宇治から千葉均さん(京都府連副会長・京都城南支部長・将棋指導員)が来訪。

3月から千葉将棋教室を開講するに当たり、教室運営の様子をご覧頂きました。

大盤講座は、第78期順位戦C級1組8回戦・先手・藤井聡太七段VS後手・小林裕士七段の棋譜を鑑賞。

序盤は相居飛車の展開から、後手が角交換を図る。

先手は斜め棒銀から銀交換。

中盤が短く終盤に突入。

いつもながら、鋭い切れ味が魅力の藤井七段の「よさ」が発揮された会心譜でした。

特に「5七角」が気付きにくい好手で、勉強になりました。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は千葉先生に4枚落ちでの指導対局を3名(南1級・黒川2級、小川2級)お願いしました。

僕は、隠岐7級、土谷11級に6枚落ちでの指導対局。

2部は木村二段に角落ち、宗清1級に2枚落ちでの指導対局。

それと、本日から2部に下野誠太朗1級が入会。

頑張ってくれることを期待しています。

スポンサーサイト