FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8302-12.jpg
DSCF8303-12.jpg
DSCF8304-12.jpg
DSCF8305-12.jpg
DSCF8306-12.jpg
12月10日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座&初めての将棋教室」。

最初に竜王戦の結果、棋王戦挑戦者決定二番勝負の話題。

大盤講座は、第43回全国盲人将棋大会S級特選譜・先手・山下さんVS後手・石川さんの棋譜を阪田指導員と共に解説。

序盤は居飛車角換わりの展開。後手が腰掛銀から王を囲ったのに対し、先手が右玉に変化し駒組みを図る。

中盤で先手が「5五銀」から先攻し急な流れになる攻め合い。

終盤では優劣不明の激戦も、後手が「3七金」と打った手が先手にもう一枚金を渡すことになり敗着となった。

金を打たずに、じっと「8七飛成」と詰めろをかけて先手玉に迫れば、まだまだ勝負は分からなかったです。

健常者が目隠しをしてこれだけの将棋は指せないです。

ほとんど悪手や緩手がなく、レベルの高い好局で素晴らしい内容でした。

勝利した先手の山下さんは今年度の優勝者。一方の石川さんは昨年度の優勝者です。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の実戦指導。

僕は「初めての将棋教室(6ヶ月講座)」。

女性4名が受講。

講座は「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」の解説。

教室終了後、老人福祉センター担当者と来年度からの運営方法、教室テキストなどについて意見交換。
スポンサーサイト