FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7690-12.jpg
DSCF7691-12.jpg
DSCF7693-12.jpg
DSCF7699-12.jpg
DSCF7703-12.jpg
DSCF7704-12.jpg
DSCF7708-12.jpg
DSCF7709-12.jpg
DSCF7712-12.jpg
DSCF7711-12.jpg
DSCF7714-12.jpg
DSCF7716-12.jpg
10月14日(月・祝)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」20回目の開講日。

講師(将棋指導員)は、小野、折立、阪田の3名。受講者は17名。

今回は20回目の節目で保護者の方々に呼びかけ、将棋講座をご覧頂き、将棋普及活動にご理解を深めて頂くとともに、ご協力をお願いしました。

最初に、台風による災害、ラクビー決勝トーナメント入り、第32期竜王戦七番勝負第1局の話題。

大盤講座は「第32期竜王戦七番勝負第1局・先手・豊島将之名人VS後手・広瀬章人竜王」の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は角換わり腰掛銀の戦型から後手が攻める展開。

中盤では先手の「2四桂」が空振りになり後手が指しやすい形勢。

終盤の入り、先手が玉の早逃げで巧みに粘り逆転勝利!!

豊島名人が幸先の良い1勝を挙げました。

第2局(10/23~24)の京都市・御室仁和寺での対局が楽しみです。

今回の大盤講座では、将棋の格言(角交換には5筋を突くな・桂馬は控えて打て・王は包むように寄せよ・王の早逃げ8手の得・銀は王の腹に打て)を交えながら、保護者の方々にも分かるような解説に心掛けました。

小休止のあと、講師による5面指し駒落ち指導対局と自由対局。
スポンサーサイト