FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7136-12.jpg
DSCF7142-12.jpg
DSCF7143-12.jpg
DSCF7146-12.jpg
DSCF7150-12.jpg
DSCF7154-12.jpg
DSCF7158-12.jpg
DSCF7156-12.jpg
DSCF7161-12.jpg
DSCF7163-12.jpg
DSCF7166-12.jpg
DSCF7134-12.jpg
9月1日(日)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」19回目の開講日。

今回の講師(将棋指導員)は、小野・阪田の2名です。

保護者の方々には将棋講座をご覧頂き、将棋普及活動に理解を深めてもらいました。

最初に、広瀬竜王に挑戦する竜王戦挑戦者決定三番勝負(豊島名人VS木村九段)の話題。

続いて、本日、関西将棋会館において、王将戦2次予選決勝(藤井聡太七段VS谷川浩司九段)の対局が行われます。

勝った方が王将戦挑戦者決定リーグ戦入りの大一番です。

それと、藤井七段の師匠である杉本昌隆八段の講演会が本日「みやこめっせ」で13時30分より開催の案内。

お時間があれば、将棋スクール終了後に参加可能ですと話す。

大盤講座は「第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局・先手・豊島将之名人VS後手・木村一基九段」の棋譜を並べて鑑賞。

序盤、相掛かりの戦型から先手が先攻。

途中、お互いが飛車先を突き合った場合、先手が悪くなる変化を解説。

中盤では先手の研究範囲か、飛車切りから角を使い馬を作り指しやすい形勢。

終盤で後手の「7九飛」の王手に対し先手が「6九角」と合い駒。ここから形勢が混沌。

ここでは合い駒をせず、入王模様に右上部に王を逃げれば先手が優勢とのこと。

最後は後手の手堅い「6四金」が奏功し、逆転勝利!!

対戦成績を1勝1敗としました。

第3局(9/5・木)の大一番が楽しみです。

続いて、阪田先生より、次の一手問題を出題。

歩の使い方・・・端攻めの手筋、ダンスの歩などを解説。

小休止のあと、講師による3面指し駒落ち指導対局と自由対局。
スポンサーサイト