FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7045-12.jpg
DSCF7048-12.jpg
DSCF7046-12.jpg
DSCF7052-12.jpg
DSCF7054-12.jpg
DSCF7055-12.jpg
DSCF7056-12.jpg
DSCF7053-12.jpg
8月27日(火)午前は「将棋講座&初めての将棋教室」の講師として山科中央老人福祉センターへ出向く。

最初に、本日から明日にかけて、徳島市で行われる王位戦7番勝負第5局(先手・豊島王位VS後手・木村九段)の話題。

続いて、藤井聡太七段のNHK杯と王将戦二次予選の話題。

大盤講座は、先手・植松さんVS後手・谷口さんの棋譜を阪田指導員と共に解説。

序盤は先手が石田流三飛車から美濃囲いに王を囲ったのに対して、後手は居飛車二枚銀から先攻。

中盤では、先手が指しやすい形勢も、肝心な局面で手順前後が響き後手が優勢。

終盤で劣勢の先手にチャンスが巡ってきたが、先手が玉の逃げ方を間違ったため、後手が即詰めに寄せ切った一局。

今回の対戦では、寄せの基本として「拠点を残す」ことと、攻めには「重い攻め」と「軽い攻め」があることが学べてと思います。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の実戦指導。

僕は「初めての将棋教室」6ヶ月講座です。「遊び駒とは?」「手番・持ち駒・駒得の効果」を解説。
スポンサーサイト