FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF6654-12.jpg
DSCF6655-12.jpg
DSCF6657-12.jpg
DSCF6658-12.jpg
DSCF6659-12.jpg
8月3日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

体験受講の小山健太朗君が入会。

大盤講座は第32期竜王戦決勝トーナメント戦、先手・藤井聡太七段VS後手・豊島将之名人の棋譜を鑑賞。

戦型は、角換わり腰掛け銀。

双方とも腰を落とした中盤の長い将棋で「負けたくない」大一番であることを棋譜が物語っています。

終盤の寄せ合いで、先手が「1七飛」と浮き、自玉頭に利かした手が手番を渡してしまい、明暗を分けたハイライトの局面でした。

局後、飛車車取りにかまわず「2五桂」と指せば先手が良かったとの見解。

時間に追われたこともありますが、いつもの藤井聡太七段らしくなかったと感じました。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局です。

1部の南2級に4枚落ち、隠岐7級・石橋9級に6枚落ち、杉田15級に8枚落ちでの指導。

2部は木村初段に飛車落ちでの指導。

<昇級記録>
宗清京3級→2級(6連勝)
スポンサーサイト