FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF4092-11.jpg
DSCF4095-11.jpg
DSCF4097-11.jpg
DSCF4098-11.jpg
DSCF4104-11.jpg
DSCF4106-11.jpg
DSCF4108-11.jpg
DSCF4109-11.jpg
DSCF4110-11.jpg
DSCF4112-11.jpg
5月26日(日)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」15回目の開講日。

講師(将棋指導員)は、小野・折立・阪田の3名です。

親子ふれあい将棋大会と重なり、受講者は9名。

保護者の方々の見守る中、将棋の基本を学ぶうえで「駒落ち戦」は重要と話す。

次に、大宅三世代交流将棋教室(6/29)、夏休み将棋合宿inるり渓(7/27~28)の案内チラシを配布、参加を呼びかける。

今日の大盤講座は、折立先生より「6枚落ち定跡」の解説。

数の攻めで上手の弱点の端を破る。

「と金」を作り、上手王を包むように下段に落とし寄せることがポイント。

小休止のあと、折立先生、阪田先生とともに、3面指し指導対局。
スポンサーサイト